このページは共通メニューを読み飛ばして直接本文をご覧になることができます。直接本文をご覧になるかたは「本文へ」をクリックしてください。
本文へ


HOME教会めぐりモデルコース紹介 > 五島(中通島)コース(1日コース)

教会めぐり

五島(中通島)コース(1日コース)

1 長崎港ターミナル
ジェットフォイル130分
2 奈良尾港
車20分
3 中ノ浦教会
車15分
4 大曽教会
車15分
5 冷水教会
車10分
6 青砂ヶ浦教会
車40分
7 頭ヶ島天主堂
車40分
8 旧鯛之浦教会
車40分
9 福見教会
車20分
10 奈良尾港
ジェットフォイル80分
11 長崎港

※モデルコースは1日かけて巡るかなりハードなコースです。教会や資料館などの滞在時間を考慮して、自分なりにゆとりをもって調整しましょう。

3 中ノ浦教会

中ノ浦教会

1925年建立の木造教会は、なくなってしまった久賀島の細石流教会(鉄川与助設計施工)とよく似た天井や花の装飾が特徴的である。 水辺に教会が写る一帯の風景は、誰もが心なごむ美しい光景。 

所在地 853-2303 長崎県南松浦郡新上五島町宿ノ浦郷中ノ浦
内覧時間 9:00~17:00(①ミサ、冠婚葬祭時には不可の場合もあります。 ②閉まっている場合もあります。)
ミサの時間 日曜 7:00(最終日曜は9:00)
拝観料・入場料 無料(※献金箱にご寄付をお願いします。)
駐車場 有(※但し、ミサ時は一般観光客使用不可。)
交通アクセス 奈良尾港から車25分、中ノ浦停留所から徒歩2分
詳細 詳しい情報はこちら

4 大曽教会

大曽教会

外海地方の出津・黒崎・池島などから移住してきたキリシタンの子孫が住むという。 1916年、鉄川与助の設計施工で現教会が建てられた。 旧教会は若松島の土井ノ浦に移築されている。 現在の教会は、レンガ造りの重層屋根構造、内部は3廊式でリブヴォールト天井をもち、外壁にはれレンガの凹凸や色の違いを用いた装飾が行われている。    

所在地 857-4404 長崎県南松浦郡新上五島町青方郷2151-2
内覧時間 9:00~17:00(①ミサ、冠婚葬祭時には不可の場合もあります。 ②閉まっている場合もあります。)
ミサの時間 土曜 18:00(偶数週)
日曜 9:00(奇数週)
拝観料・入場料 無料(※献金箱にご寄付をお願いします。)
駐車場
交通アクセス 青方から車5分、徒歩30分
詳細 詳しい情報はこちら

5 冷水教会

冷水教会

冷水では五島崩れで迫害を受けた信徒は、逃れて戻ることはなかったらしい。 今の冷水のほとんどの信徒は、迫害後、近辺や平戸や下五島などから移住してきた人々であるという。 1907年にようやく、現在の木造教会が建つ。近くの丸尾郷出身の鉄川与助が棟梁となって初めて手掛けた教会である。 

所在地 857-4401 長崎県南松浦郡新上五島町網上郷623-2
内覧時間 9:00~17:00(①ミサ、冠婚葬祭時には不可の場合もあります。 ②閉まっている場合もあります。)
ミサの時間 日曜 7:00(第2は9:00)
拝観料・入場料 無料(※献金箱にご寄付をお願いします。)
駐車場
交通アクセス 青方から車10分
詳細 詳しい情報はこちら

6 青砂ヶ浦教会

青砂ヶ浦教会

青砂ヶ浦にいつごろからキリシタンが住んだか不明だが、1878年頃には初代教会があったという。1899年から青砂ヶ浦が上五島の中心の教会となった。 1910年建立の現教会は、鉄川与助設計施工によるもので、信徒が総出でレンガを運びあげた3代目の教会となり、2001年に国指定重要文化財、2010年に献堂100周年を迎えた。

所在地 857-4402 長崎県南松浦郡新上五島町奈摩郷1241
内覧時間 9:00~17:00(①ミサ、冠婚葬祭時には不可の場合もあります。 ②閉まっている場合もあります。)
ミサの時間 日曜9:00(第2日曜は7:00) 土曜18:00 平日6:00
拝観料・入場料 無料(※献金箱にご寄付をお願いします。)
駐車場 有(※但し、ミサ時は一般観光客使用不可。)
交通アクセス 青方から車10分
青方バスセンターから西肥バス立串行きで20分、教会前下車すぐ。
詳細 詳しい情報はこちら

7 頭ヶ島天主堂

頭ヶ島天主堂

1軒をのぞいて皆キリシタンだったという頭ヶ島。 五島崩れの時、信徒は牢から全員逃げ出して島を離れ、迫害が終わってからこの地に戻ってきた。 頭ヶ島天主堂は、鉄川与助の設計施工によって建設され、近くの石を切り出して、1917年に完成し、2年後の1919年にコンパス司教により祝別・献堂された。
2001年に国の重要文化財に指定。
世界遺産登録を目指している「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の構成資産「頭ヶ島の集落」にある石造りの天主堂。


◆頭ヶ島天主堂の見学は
 

所在地 857-4102 長崎県南松浦郡新上五島町友住郷頭ヶ島638
ミサの時間 日曜16:00(第2・4)
交通アクセス 有川港から車20分、頭ヶ島停留所から徒歩5分
詳細 詳しい情報はこちら

8 旧鯛之浦教会

旧鯛之浦教会

外海の出津から移住して来たキリシタンの子孫にはじまる集落で、五島崩れで迫害を受けた。1880(年ブレル神父が赴任して上五島の司牧の拠点となる。1903年建立の教会の老朽化により、1979年、旧教会の下の幼稚園跡地に新教会が建てられた。旧教会は終戦間近、海軍に接収された。戦後、復員などで手狭になり、1949年に増築した。このとき、レンガ造の塔が正面につけられた。旧浦上天主堂の被爆レンガを一部使用している。 

所在地 853-3321 長崎県南松浦郡新上五島町鯛之浦郷326
内覧時間 9:00~17:00(①ミサ、冠婚葬祭時には不可の場合があります。 ②閉まっている場合もあります。)
ミサの時間 長崎巡礼センター(上五島ステーション)にお問い合わせください。
TEL 0959-42-1212
拝観料・入場料 無料(※献金箱にご寄付をお願いします。)
駐車場 有(※但し、ミサ時は一般観光客使用不可。)
交通アクセス 有川港から車10分、中野停留所から徒歩2分
詳細 詳しい情報はこちら

9 福見教会

福見教会

1799年、外海の黒崎からの移住者にはじまる教会とされ、五島崩れでは、迫害を受ける前に福見を離れた。 迫害の時代が終わり、以前住んでいた土地に戻って来た時には、土地や家は荒れ果てていたが、再び住めるような土地に戻した。 1882年に最初の教会を建てたが2年後の大風で崩壊した。 その後、2代目となる現教会が、1913年に建立された。 

所在地 853-3102 長崎県南松浦郡新上五島町岩瀬浦郷福見
内覧時間 9:00~17:00(※但し、①ミサ、冠婚葬祭時には不可の場合もあります。 ②閉まっている場合もあります。)
ミサの時間 日曜 9:00
拝観料・入場料 無料(※献金箱にご寄付をお願いします。)
交通アクセス 奈良尾港から車15分、有川港から車60分
詳細 詳しい情報はこちら

■ながさき巡礼についてのお問い合せ

長崎巡礼センター [住所]長崎市尾上町1-88 長崎バス観光案内所2階 [TEL]095-893-8763

ページトップへ

閉じる 閉じる