バスチャン屋敷跡 (バスチャンヤシキアト)

バスチャンは伝説の日本人伝道士で、外海や浦上や五島の人々が日繰りや予言などを…

エリア
長崎
テーマ
巡礼関連地
  • 1031views

バスチャンは伝説の日本人伝道士で、外海や浦上や五島の人々が日繰りや予言などを残した人物として語り伝えてきた。

ここは、バスチャンが役人に見つからないように隠れていたと言われる屋敷跡で、人影のない暗い山奥にあります。

基本情報

住所 〒851-2323 長崎県長崎市新牧野町1397‐1
アクセス 出津文化村より車で10分、入口の案内板から徒歩5分
ウェブサイト 関連サイトはこちら
<お願い>
教会は信者の皆さんにとって大切な祈りの場です。 見学の際は教会でのマナーをよく守り、 お互いが気持ちよく過ごせるように心がけましょう。
>教会見学時マナーのご案内はこちら

SHARE

このスポットに行くモデルコース


We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.