【注目】ながさき旅ネットリニューアル記念!プレゼント付きアンケート実施中
旅の醍醐味!絶対食べたい長崎グルメ大特集-1



新鮮な海の幸にブランド牛、ちゃんぽん、どんぶり、佐世保バーガー、伝統料理からスイーツまで、旅の楽しみにかかせないグルメ情報をお届けします。長崎でしか味わえないご当地グルメの数々をぜひご賞味ください!

必食!お魚王国で味わう極上の魚介類

三方を海に囲まれ、四季ごとにさまざまな魚介が楽しめる長崎県。水揚げされる魚種は300種を越え、全国1位と言われています。
春は鯛、夏はアジ、秋はミズイカ、冬はかきやひらめ、と一年を通じて多彩な顔ぶれが揃い、産地ならではの獲れたての味を楽しめます。またトラフグやマグロなどの養殖も盛んに行われており、生産量は全国でもトップクラス。恵まれた環境で育てられた魚は、天然ものにも負けない極上の味わいです。
海の幸の宝庫、長崎で旬の新鮮な魚をぜひ味わって!

コラム

魚のうま味がギュッと凝縮!長崎かんぼこ-1

魚のうま味がギュッと凝縮!長崎かんぼこ

日本一蒲鉾屋さんの多い街長崎。地元では「かんぼこ」と呼ばれています。イワシ、エソなど近海でとれた新鮮な地魚を使い、さまざまな種類の蒲鉾が作られています。地元では普段の食卓に、贈答用、旅のお供に、そして名物のちゃんぽん・皿うどんにも欠かせない具材として無くてはならないものです。お酒のつまみや、お土産にもおすすめです。

わざわざ食べに行きたい!旬の魚介を産地で味わおう

その魚が最もおいしいとされている時期に、産地でお得に楽しめるイベントが開催されます。普段なかなか食べることのできない貴重なお魚を本場で堪能しませんか。

<秋の始まりは伊勢海老から>
高級食材として名高い伊勢海老。県下有数の産地、長崎市の野母崎と西海市の崎戸では、禁漁解禁を迎える8月末から伊勢海老祭りが行われます。身がグッと締まって、味も濃厚。旬の時期に心ゆくまでご堪能を!

 

  • のもざき伊勢エビまつり-1

    のもざき伊勢エビまつり

    野母崎地区内の食事処・宿泊施設で様々な伊勢海老料理を提供する他、活魚センターにて安価で伊勢エビを販売します。
    もっと見る
  • 崎戸イセエビ祭り-1

    崎戸イセエビ祭り

    西海市崎戸の春の風物詩!西海大崎漁業協同組合崎戸支所にて、イセエビをお得にご購入いただけます。
     
    もっと見る

<冬のお楽しみ「かき焼き」>
冬の味覚といえば、かき!長崎県内にはかきの産地が多数あり、11月頃から県内各所でかき小屋がオープン。旨みがぎゅっと詰まった新鮮な殻付カキを焼き台にのせ、豪快にいただきましょう!潮の香とぶりぶりの食感、クリーミーな味わいをお楽しみください。

  • 九十九島かき食うカキ祭り(秋の陣・冬の陣)-1

    九十九島かき食うカキ祭り(秋の陣・冬の陣)

    九十九島パールシーリゾートの恒例イベント!小粒ながらも濃厚でぷりっぷりの九十九島かきをセルフバーベキューで楽しめます。
    もっと見る
  • カキ焼き(小長井牡蠣)-1

    カキ焼き(小長井牡蠣)

    穏やかな潮の流れで育てられた「小長井牡蠣(こながいかき)」。有明海沿岸にあるかき焼き小屋でシーズン中お楽しみいただけます。
     
    もっと見る

<高級魚「あら」を贅沢に堪能>
別名「クエ」とも呼ばれる巨大高級魚のあら。長崎県北の平戸は全国でも有数の水揚げ高を誇ります。ぷりぷりした弾力とコクのある上品な味わいが特徴。平戸あら鍋まつりでは、旬の天然アラを贅沢にいただけますよ!

平戸天然あら鍋まつり

あらは別名を「クエ」といい、大きいものでは重さ30キロにもなる幻とよばれるほどの高級巨大魚です。秋から冬にかけて脂が乗って特においしくなります。刺身、塩焼き、煮物と調理法はさまざまですが、特にあら鍋は秀逸!「鍋の王様」にふさわしい最高の旬の料理です。

<味も大きさにもびっくり!天然ひらめ>
平戸は日本でも有数の天然ひらめの産地でもあります。ひらめは1月から始まり、4月に入るころまでが旬。豪快な姿造りやしゃぶしゃぶなど多彩な料理で堪能できます。

平戸ひらめまつり

平戸は全国でも有数の「天然ひらめ」の漁獲量を誇ります。期間中は、宿泊施設や飲食店に、平戸の豊かな海で育った新鮮なひらめを、格安で堪能できるとあって大人気!

絶品!ミネラル豊富な牧草で育った長崎和牛

長崎は和牛発祥の地ともいわれ、肉食文化の歴史も古いと考えられています。現在も全国屈指の和牛生産地であり、肉本来のうま味がある赤身とまろやかな脂身のバランスが絶妙。厚切り肉ならステーキなどシンプルに、薄切り肉ならしゃぶしゃぶやすき焼きなどでご堪能ください。

長崎といえば、ちゃんぽん

野菜や魚介類などたっぷりの具材とちゃんぽん麺から成る麺料理。今や全国的に知られた長崎グルメの定番で、これを食べずして長崎グルメは語れません!
皿うどんは細麺・もしくは太麺に、同様の具材を使った餡をかけたもの。パリパリの細麺かもちもちの太麺か、好みを見つけて楽しんでみて!

長崎の歴史と文化を感じる郷土料理

長崎には歴史と共に楽しめる郷土料理が満載。
円卓を囲み大皿に盛られた料理を自由に取り分けて味わう「卓袱料理」は、和(日本)、華(中国)や蘭(西洋)のエッセンスを取り入れてアレンジした国際色豊かな長崎らしい伝統料理。地元の食材もふんだんに使っており、長崎を代表する郷土料理といえるでしょう。
鯨食文化の根付いた長崎で家庭でもハレの日メニューとしておなじみなのが「くじら料理」。多くの飲食店で鍋やお造りなど、さまざまなくじら料理を楽しむことができます。
天草四郎ゆかりの名物料理「具雑煮」は餅や野菜など10数種類の具をいれて煮込んだシンプルな料理。今も島原で愛され続ける昔ながらの伝統の味です。
錦糸玉子がたっぷりのって見た目も華やかな「大村寿司」は酢飯や具材にも多めの砂糖が使われ、まるでスイーツのようなお寿司。甘くて彩り豊かなお寿司は、子供にも大人気!
そして江戸時代から続く諫早の名物が「うなぎ料理」。 楽焼と呼ばれる伝統のうつわを用いて軽く蒸したうなぎはふっくらと柔らかく、舌にとろけるようなおいしさは格別です。
個性豊かな郷土料理の数々、ぜひご賞味ください。

長崎で生まれた伝統の麺文化

大陸伝来といわれる手延べうどん、手打ちそば、島原の湧水を使用した手延そうめん。長崎では昔ながらの手作り製法にこだわる数々の麺料理が今も味わえます。
細いのにコシが強く、のど越しの良さとツルツルとした食感が特徴の「五島うどん」は、麺を茹でた鍋から直にすくい、あご出汁や卵につけて味わう地獄炊きがおすすめ。飽きのこない美味しさで、何杯でもいただけます。
縄文時代後期に大陸から伝わったそばの原種に近い品種で作る対馬の「対州そば」は、小粒で風味が強く、そば通の間で大人気。現地ではつなぎ無しの十割そばで食べるのが一般的。打ち立てをお召し上がりください。
名水百選にも選定されている清らかな湧水で仕込んだ極上の「島原手延そうめん」は、じっくりと時間をかけて熟成させることで生まれる強いコシとなめらかな口あたりが特徴です。

コラム

-1

特産の島原手延べ素麵をはじめ、新鮮なお野菜BOXや、使いやすいと評判のイチョウまな板など、南島原自慢の特産品が勢揃い!
雄大な雲仙岳、島原半島を囲むように広がる有明海と橘湾。その大自然の恩恵を受けた特産品を皆様にお届けします。

南島原たからものマルシェ

長崎自慢のご当地グルメ

長崎のバラエティー豊かなソウルフードも見逃せません。地元の人に親しまれている自慢の逸品を召し上がれ。

  • 佐世保バーガー-1

    佐世保バーガー

    「ハンバーガー伝来の地」と言われている佐世保。昭和25年頃、米海軍基地から直接レシピを聞き作り始めたのが始まり。

    佐世保バーガーについて詳しく見る
  • トルコライス-1

    トルコライス

    長崎発祥の定番洋食。トンカツ、ピラフ、スパゲティ…。人気の洋食メニューを1つのお皿に盛り付けたワンプレート料理は、お店によって多彩。

    トルコライスが食べられるお店はこちら
  • レモンステーキ-1

    レモンステーキ

    佐世保生まれのレモンステーキは、薄切りの牛肉を熱々の鉄板にのせ、醤油ベースのレモン風味ソースをかけていただきます。

    レモンステーキについて詳しく見る

コラム

手間ひまかけた手作りの味「角煮まん」-1

手間ひまかけた手作りの味「角煮まん」

豚の三枚肉で作られる中華料理「トンポーロー」。それをパオと呼ばれるおまんじゅうに挟む長崎ならではの食べ方です。甘辛い味にじっくり煮込まれたトロトロ食感の角煮と、ふわっとした生地のハーモニーが絶品。新地中華街の異国情緒ただよう街並みを楽しみながら、食べ歩きなんていかがですか。お土産にも人気!

グルメと一緒に楽しみたい長崎の酒

焼酎王国・九州の中、長崎を代表するのは壱岐と五島で仕込まれる島焼酎。麦焼酎発祥の地といわれる壱岐焼酎は、麦の香ばしい香りと上品な甘みが特徴。現在でも400年以上の伝統の技を継承する7つの蔵元で醸造しています。五島ではふくよかな香りと深い味わいの芋焼酎が楽しめます。島で育てられた良質な芋のみを使用して作られた焼酎はどれも作り手の熱い思いを感じる逸品です。
また、長崎県内には100年以上の歴史を持つ老舗酒造が点在し、長きに渡り銘酒を作り続けています。豊かな自然に磨かれた清らかな水と良質な米、さらに熟練の技によって醸された個性豊かな地酒がたくさん!地元長崎の特産品であるイチゴやビワ、甘夏などの果物を使ったさまざまなオリジナルリキュールも人気です。

地元で愛され続けるスイーツ

長崎には、地元の人が昔からこよなく愛するご当地スイーツがもりだくさん!
まず長崎を代表する銘菓といえば、「カステラ」。約450年前にポルトガルから伝わったとされ、時代とともに独自の進化を遂げてきました。しっとりふわふわな生地に底に沈んだザラメが特徴。今も昔ながらの製法と味を守りつつ、チョコレートや抹茶などの新味や、さまざまなバリエーションのカステラが楽しめます。また、桃の節句には桃をかたどった「桃カステラ」が店頭に並びます。
中華菓子も長崎らしい菓子の一つ。小麦粉や砂糖などの材料をこねて紐状にしたものをねじって油で揚げた中国の伝統的なお菓子「麻花兒(マファール)」。螺旋状のユニークな形から長崎では「よりより」と呼ばれています。カリっとした食感、ほのかな甘さが特徴です。個包装されており、量も値段も手頃なのでおみやげにピッタリです。
水の都とも呼ばれている島原で愛され続ける「かんざらし」も必食!島原の湧水を使って作った小さなお団子を、島原の湧水で冷やし、はちみつ・砂糖などで作った特製の蜜をかけていただきます。とてもシンプルですが、さらっと上品な甘さと、のど越しの良さがたまりません。
雲仙温泉名物の「湯せんぺい」も昔から変わらない定番のお土産。ほんのり甘くサクッと香ばしいせんぺいの秘密は温泉水。焼きたてのせんぺいをソフトクリームと一緒に食べるのもおすすめ。
貿易で砂糖が持ち込まれ、シュガーロードの起点となった平戸では、今なお、市内のあちこちには和洋さまざまな菓子店が点在しており、南蛮菓子を元に作られたカスドース、平戸松浦藩の御用菓子を復元した牛蒡餅などの伝統菓子が楽しめます。
気軽に楽しめて皆大好きな長崎の王道スイーツを存分にお楽しみください!

コラム

シュガーロード-1

シュガーロード

江戸時代、海外貿易の窓口であった長崎と北九州の小倉をつなぐ長崎街道(シュガーロード)は、砂糖や外国由来の菓子が多く流入し、独特の食文化が花開きます。2020年6月には「砂糖文化を広めた長崎街道~シュガーロード~」が日本遺産に認定されました。

もっと見る

SHARE

We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.