桐教会 (キリキョウカイ)

1897年、中五島最初の小教区として設立された。

エリア
上五島
テーマ
教会堂
  • 168views

大村藩外海地区から桐と古里への移住が伝えられる。五島では、桐古里郷のガスパル与作が治療のために長崎に行き、偶然、大浦天主堂に入ってプティジャン神父を訪ね、五島キリシタンのカトリックへの復活を導いた。このガスパル与作とその父パウロ善七、ミカエル清川沢次郎を顕彰する「信仰の先駆者顕彰碑」が教会入口横に建立されている。教会のある高台からは、美しい瀬戸を望むことができる。

基本情報

住所 〒853-2302 長崎県南松浦郡新上五島町桐古里郷357-4
教会データ 建物 
創建 明治30(1897)年
改修 昭和33(1958)年
内覧時間 9:00~17:00(※但し、①ミサ、冠婚葬祭時には不可の場合もあります。 ②閉まっている場合もあります。)
休日 特になし
拝観料・入館料 無料(※献金箱にご寄付をお願いします。)
アクセス 奈良尾港から車10分
若松港より奈良尾行き西肥バスで10分。桐バス停下車、徒歩5分。
<お願い>
教会は信者の皆さんにとって大切な祈りの場です。 見学の際は教会でのマナーをよく守り、 お互いが気持ちよく過ごせるように心がけましょう。
>教会見学時マナーのご案内はこちら

SHARE

このスポットから近い観光スポット


周辺の長崎グルメセレクション認定店


このスポットに行くモデルコース


We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.