大曽教会 (オオソキョウカイ)

県指定重要文化財のレンガ造りの教会

エリア
上五島
テーマ
教会堂
  • 716views

外海地方の出津・黒崎・池島などから移住してきたキリシタンの子孫が住むという。1916年、鉄川与助の設計施工で現教会が建てられた。旧教会は若松島の土井ノ浦に移築されている。現在の教会は、レンガ造りの重層屋根構造、内部は3廊式でリブヴォールト天井をもち、外壁にはレンガの凹凸や色の違いを用いた装飾が行われている。

基本情報

住所 〒857-4404 長崎県南松浦郡新上五島町青方郷2151-2
教会データ 建物 レンガ造平屋251㎡
竣工 1916年
設計・施工 鉄川与助
文化財 県指定有形文化財
内覧時間 9:00~17:00(①ミサ、冠婚葬祭時には不可の場合もあります。 ②閉まっている場合もあります。)
休日 特になし
拝観料・入館料 無料(※献金箱にご寄付をお願いします。)
アクセス 青方から車5分、徒歩30分
<お願い>
教会は信者の皆さんにとって大切な祈りの場です。 見学の際は教会でのマナーをよく守り、 お互いが気持ちよく過ごせるように心がけましょう。
>教会見学時マナーのご案内はこちら

SHARE

このスポットから近い観光スポット


周辺の長崎グルメセレクション認定店


このスポットに行くモデルコース


We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.