旅するあなたへ、とっておきの過ごし方を。長崎市の観光を楽しむにはこちら。[PR]

【青方港発】上五島教会めぐり

【青方港発】上五島教会めぐり-1
  • 所要時間:半日
  • 交通手段:車
  • 印刷する

START

青方港

青方港-1

平成26年度には、青方港相河ターミナルが完成し、福岡からの玄関口として利用されています。
また、近年は年に数隻のクルーズ船が寄港するようになり、町民とクルーズ船客との交流の場となっています。

住所 長崎県南松浦郡新上五島町相河郷

車で40分

頭ヶ島天主堂

西日本では珍しい石造りの教会
頭ヶ島天主堂-1
1軒をのぞいて皆キリシタンだったという頭ヶ島。五島崩れの時、信徒は牢から全員逃げ出して島を離れ、迫害が終わってからこの地に戻ってきた。頭ヶ島天主堂は、鉄川与助の設計施工によって建設され、近くの石を切り出して、1919年に完成し、コンパス司教により祝別・献堂された。2001年に国の重要文化財に指定。世界文化遺産「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の構成資産「頭ヶ島の集落」にある石造りの天主堂。

 
教会見学にあたってのお願い
頭ヶ島天主堂の見学は(個人・団体問わず)事前連絡が必要です。
受付窓口:長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産インフォメーションセンター
TEL:095-823-7650/FAX:095-895-9690(対応時間:9:30~17:30)
住所 〒857-4102 長崎県南松浦郡新上五島町友住郷頭ヶ島638
電話番号 0959-42-0964(新上五島町観光物産協会)
営業時間 なし

車で35分

旧鯛ノ浦教会

旧教会の正面入口の鐘棟は、浦上天主堂の被爆レンガが使用されている。
旧鯛ノ浦教会-1
外海の出津から移住して来たキリシタンの子孫にはじまる集落で、五島崩れで迫害を受けた。1880(年ブレル神父が赴任して上五島の司牧の拠点となる。1903年建立の教会の老朽化により、1979年、旧教会の下の幼稚園跡地に新教会が建てられた。旧教会は終戦間近、海軍に接収された。戦後、復員などで手狭になり、1949年に増築した。このとき、レンガ造の塔が正面につけられた。旧浦上天主堂の被爆レンガを一部使用している。 
住所 〒853-3321 長崎県南松浦郡新上五島町鯛之浦郷326
電話番号 0959-42-0964(新上五島町観光物産協会)
休日 特になし

車で15分

青砂ヶ浦天主堂

国指定重要文化財に登録されたレンガ造りの教会
青砂ヶ浦天主堂-1
青砂ヶ浦にいつごろからキリシタンが住んだか不明だが、1878年頃には初代教会があったという。1899年から青砂ヶ浦が上五島の中心の教会となった。1910年建立の現教会は、鉄川与助設計施工によるもので、信徒が総出でレンガを運びあげた3代目の教会となり、2001年に国指定重要文化財、2010年に献堂100周年を迎えた。
住所 〒857-4402 長崎県南松浦郡新上五島町奈摩郷1241
営業時間 特になし
休日 特になし

車で20分

大曽教会

県指定重要文化財のレンガ造りの教会
大曽教会-1

外海地方の出津・黒崎・池島などから移住してきたキリシタンの子孫が住むという。1916年、鉄川与助の設計施工で現教会が建てられた。旧教会は若松島の土井ノ浦に移築されている。現在の教会は、レンガ造りの重層屋根構造、内部は3廊式でリブヴォールト天井をもち、外壁にはレンガの凹凸や色の違いを用いた装飾が行われている。

住所 〒857-4404 長崎県南松浦郡新上五島町青方郷2151-2
営業時間 特になし
休日 特になし

車で10分

青方港ターミナル

青方港ターミナル-1

平成26年度には、青方港相河ターミナルが完成し、福岡からの玄関口として利用されています。
また、近年は年に数隻のクルーズ船が寄港するようになり、町民とクルーズ船客との交流の場となっています。

住所 〒857-4411 長崎県南松浦郡新上五島町相河郷

FINISH

Google Mapの読み込みが1日の上限を超えた場合、正しく表示されない場合がございますので、ご了承ください

その他のモデルコース

SHARE

当サイトでは、利便性の向上と利用状況の解析、広告配信のためにCookieを使用しています。サイトを閲覧いただく際には、Cookieの使用に同意いただく必要があります。詳細はクッキーポリシーをご確認ください。