雲仙温泉の最新情報のお知らせ

艫綱石 (ともづないし)

  • 139views

相河は、中世期には鮎河(あゆかわ)と呼ばれ、遣唐使船の風待ち港として知られています。
ここには、遣唐使船が係留したといわれる「ともじり石」が大切に保存され、石祠が祀られています。 (ともづな石とも呼ばれています。)
遣唐使船が入港し、船を係留するときに綱をとった石だと言われており、民家の傍にあります。
宝亀7年(776)、大使佐伯今毛人率いる第14次遣唐使船が相河に寄港し1ヶ月以上風待ちしましたが、一向に追い風が吹かず、大津(博多)に引き返すとの記録があり、その折、船を係留した石とされています。

基本情報

住所 〒857-4411 長崎県南松浦郡新上五島町相河郷

SHARE

このスポットから近い観光スポット


周辺の長崎グルメセレクション認定店


We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.