【プレゼントキャンペーン】ながさき旅ネット新企画ネーミング大募集

黒島天主堂 (クロシマテンシュドウ)

ロマネスク様式の美しい教会

  • 3637views

黒島天主堂は、文化・文政の頃、生月や外海から移住してきたキリシタンにはじまった。最初に常駐したマルマン神父が、基礎に特産の黒島御影石を積み、40万個のレンガを使い、1902年に祝別した荘厳な教会。

【黒島天主堂を見学される際は事前連絡をお願いします。】

「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」構成資産内の教会堂は、今も祈りの場として使用されています。
ミサや冠婚葬祭などで見学できない場合や、一度に多くの見学者を受け入れられない場合もあるため、見学を希望される際には、下記窓口への事前連絡が必要となります。黒島天主堂を見学される際も事前連絡が必要となりますので、皆様のご理解とご協力をお願いします。
 
※相浦桟橋前の駐車場には限りがありますので、できるだけ公共交通機関をご利用ください。
 

基本情報

住所 〒857-3271 長崎県佐世保市黒島町3333
教会データ 建物 木造及びレンガ造489.4㎡
竣工 1902年
設計 マルマン神父
施工 前山佐吉ほか
世界遺産 世界遺産構成資産内教会
文化財 国指定重要文化財
アクセス 相ノ浦港から島まで船50分、黒島白馬港から徒歩30分
ウェブサイト 関連サイトはこちら
<お願い>
教会は信者の皆さんにとって大切な祈りの場です。 見学の際は教会でのマナーをよく守り、 お互いが気持ちよく過ごせるように心がけましょう。
>教会見学時マナーのご案内はこちら

SHARE

このスポットから近い観光スポット


周辺の長崎グルメセレクション認定店


このスポットに行くモデルコース


We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.