旅するあなたへ、とっておきの過ごし方を。長崎の観光を楽しむにはこちら。[PR]

遠藤周作文学館 (えんどうしゅうさくぶんがくかん)

外海が舞台となる小説『沈黙』を書いた遠藤周作の生涯や足跡を紹介する資料館

  • 10839views

遠藤文学の原点とされる小説『沈黙』の舞台となった外海(そとめ)地区。独自の歴史と文化を持つ外海に魅せられた遠藤氏は、執筆後もなおこの地を訪れ「神様が僕のためにとっておいてくれた場所」とまで語ったと言われています。
角力灘(すもうなだ)を見下ろして建つ文学館は瀟洒な建物で、エントランスホールには『沈黙』の文学世界をイメージしたステンドグラスが施されています。館内には生前の愛用品や遺品のほか生原稿や蔵書などが展示され、彼の生涯や足跡を紹介しています。常設展示のほかに2年ごとにテーマを変えながら企画展も開催されています。

外海エリアは夕陽の名所として知られており、文学館からも五島灘に沈む美しい夕陽を望むことができます。

基本情報

住所 〒851-2327 長崎県長崎市東出津町77番地
内覧時間 9:00~17:00
休日 12月29日~1月3日
拝観料・入館料 大人350円、小中高生200円
アクセス JR長崎駅前から長崎バス(桜の里ターミナル(大瀬戸・板の浦)行)乗車、桜の里ターミナルでさいかい交通に乗換、「道の駅(文学館入口)」下車徒歩約2分(バス所要時間:約1時間15分)
JR長崎駅前から車で約40分
ウェブサイト 長崎市遠藤周作文学館
トリップアドバイザー
<お願い>
教会は信者の皆さんにとって大切な祈りの場です。 見学の際は教会でのマナーをよく守り、 お互いが気持ちよく過ごせるように心がけましょう。
>教会見学時マナーのご案内はこちら

SHARE

このスポットから近い観光スポット


周辺の長崎グルメセレクション認定店


このスポットに行くモデルコース


当サイトでは、利便性の向上と利用状況の解析、広告配信のためにCookieを使用しています。サイトを閲覧いただく際には、Cookieの使用に同意いただく必要があります。詳細はクッキーポリシーをご確認ください。