旅するあなたへ、とっておきの過ごし方を。長崎の観光を楽しむにはこちら。[PR]

出津文化村:沈黙の碑 (しつぶんかむら:ちんもくのひ)

遠藤周作の沈黙の碑

  • 2213views

西彼杵(にしそのぎ)半島西岸の外海(そとめ)を舞台に描かれた小説「沈黙」で知られる作家・遠藤周作氏。出津文化村の入り口からすぐの場所に遠藤氏の友人によって建てられた「沈黙の碑」があります。この碑は海を見下ろす高台にあり、青い海とともに遠藤周作文学館を望むことができます。
「人間がこんなに哀しいのに 主よ 海があまりに碧いのです」 と刻まれている石碑。作者のため息のようにこぼれるこの一文を目にすると、そこから望む絶景とストーリーが相まってより一層胸を打つスポットになるのではないでしょうか。訪れる前にはぜひ小説を一読して行かれることをオススメします。

基本情報

住所 〒851-2322 長崎県長崎市西出津町
電話番号 0959-24-0211(長崎市外海地域センター)
アクセス ・JR長崎駅前から長崎バス(桜の里ターミナル行)で約50分、終点下車後、さいかい交通に乗換(板の浦行)で約25分「出津文化村」バス停下車徒歩約5分
・JR長崎駅前から車で約50分

SHARE

このスポットから近い観光スポット


周辺の長崎グルメセレクション認定店


このスポットに行くモデルコース


当サイトでは、利便性の向上と利用状況の解析、広告配信のためにCookieを使用しています。サイトを閲覧いただく際には、Cookieの使用に同意いただく必要があります。詳細はクッキーポリシーをご確認ください。