つがね落としの滝 (ツガネオトシノタキ)

長崎百景に選ばれた滝

  • 630views

県民の森の北西部、岩背戸渓谷の下流域に位置する「つがね落としの滝」は、高さ約20メートル程で左右は深山となり、大岩石におおわれ、水は曲折しながら巨岩を流れ落ちています。

この滝は滝壷がないことで名が知られ、水は滝の下にある大きな平石の上に流れ落ち、飛び散るしぶきは、実に壮観です。

また名前の由来としては、元来この川には多くの「つがね」(もくずカニ)が生息し、それが水の流れとともにこの滝に落下するため、この名が付けられたと伝えられています。

小さなトンネルを抜けるとそこは、夏でも涼しいさわやかな清流の滝ハイキングの好適地のスポットです。

基本情報

住所 〒857-2323 長崎県西海市大瀬戸町雪浦河通郷
電話番号 0959-22-1111(大瀬戸総合支所)
アクセス 西海橋から約50分
ウェブサイト 関連サイトはこちら

SHARE

このスポットから近い観光スポット


周辺の長崎グルメセレクション認定店


We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.