高島家墓地 (タカシマケボチ)

市指定史跡

  • 31views

高島家は、代々大村町(現在の万才町)に住む町年寄の家柄でした。

初祖氏春は、天正2年(1574)長崎に移住し、初代茂春が頭人(後に町年寄と改称)となりました。

中央正面が3代茂卿の墓碑ですが、茂卿は寛文13年(1673)に没しており、墓の配列から考えて、墓域設置は寛文前後と思われます。

当主の墓碑は、初祖から11代までがあり(6代音纓の墓碑は、別家高島家墓地にあります。)
この中には、慶応4年(1868)門人たちが建てた茂敦(秋帆と号した)とその家族3人の墓碑もあります。

基本情報

住所 〒850-0872 長崎県長崎市寺町 晧台寺後山墓地内
電話番号 095-829-1193(長崎市文化財課)
アクセス JR長崎駅から路面電車(崇福寺行き乗車)利用10分、「思案橋」電停下車、徒歩15分。
ウェブサイト 関連サイトはこちら

SHARE

このスポットから近い観光スポット


周辺の長崎グルメセレクション認定店


We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.