【PR】\キャンセル保険新登場!/詳細はこちら>>

ヘイフリ坂 (ヘイフリザカ)

名前の意味を誤解しがち?ヘイフリ坂

エリア
長崎
テーマ
自然・景勝地
  • 417views

大音寺と皓台寺、長照寺と延命寺の間の、いずれも風頭山頂へと続く坂道。寛永15年(1638)、当時諏訪神社は現在の諏訪町(寺町周辺)にあったが、その諏訪神社の大鳥居(現在の二の鳥居)を造るため石材を風頭山から切り出し運んだ。途中、あまりに石が大きくて人々が思いあぐねていると、一人の宰領が突然石の上に乗り御幣を振って励まし、何とか石材を麓へ下ろす事ができた。この坂の名前の由来は、そのときの光景からきている、つまり「幣振り坂」。違う意味に考えた人も多いのでは?

ちなみに筑後町、東本願寺横の坂も同じ意味でヘイフリ坂と呼ばれている。

基本情報

住所 長崎県長崎市
アクセス 賑橋電停から徒歩約10分。親和銀行前バス停から徒歩10分。
路面電車/長崎駅前電停から正覚寺下行きに乗車し、築町電停でのりつぎ券をもらい下車。蛍茶屋行きにのりつぎ、賑橋電停まで約10分。
長崎・県営バス/長崎駅前東口バス停から中央橋方面(親和銀行前経由)行きに乗車し、親和銀行前バス停まで約7分。
車/長崎駅前から約10分。

SHARE

このスポットから近い観光スポット


周辺の長崎グルメセレクション認定店


このスポットに行くモデルコース


We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.