本木昌造の墓 (モトキショウゾウノハカ)

市指定史跡

  • 25views

本木昌造の墓碑は、大光寺後山の本木家墓域にあります。
昌造は1824年新大工町乙名北島家の4男として生まれ、12歳の時本木家の養子となり、稽古通詞と小通詞末席、小通詞を勤めました。
昌造は、各分野にその才能を発揮し、海軍伝習掛通弁官・飽ノ浦製鉄所御用掛、活字板摺立所取扱掛を歴任。
船の操縦術にも優れ、また1868年には浜町と築町間の中島川に日本最初の鉄橋を架設しました。幕末から明治にかけて、長年近代印刷の開発に情熱をかたむけ、1870年新町に新町活版所を設け、活字製造と印刷を開始し、近代印刷の基を築きました。

基本情報

住所 〒850-0831 長崎県長崎市鍛冶屋町5-74
電話番号 095-829-1193(長崎市文化財課)
アクセス JR長崎駅から路面電車(崇福寺行き乗車)利用11分、「崇福寺」電停下車徒歩5分。
ウェブサイト 関連サイトはこちら

SHARE

このスポットから近い観光スポット


周辺の長崎グルメセレクション認定店


We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.