見返り柳 (みかえりやなぎ)

花街帰りの人々の様子が名前についた柳

エリア
長崎
テーマ
自然・景勝地
  • 518views

路面電車の思案橋電停、道路をはさんだ両側に橋の欄干を模した思案橋跡の碑が建てられています。この付近にはかつて川が流れ、花街時代、遊廓へ“行こか戻ろか”と思案したので名付けられたという思案橋が架かっていました。

その橋を渡り、花街の入口・大門(二重門)があった場所の手前に、明治時代に植えられたといわれる1本の柳の木があります。カステラの老舗店の右手、小道の入口にある電柱横に今もひっそりと立っています。花街へと足を運んだ人々は、ここで振り返り丸山遊女との別れを惜しんだのでしょう。この柳には、当時の情景が思い描けるような“見返り柳”というロマンチックな名前が付いています。後ろ髪を引かれる思いを抱きつつ、この柳のあたりで振り返ったという人々の切ない思いが今もなお語り継がれています。

基本情報

住所 長崎県長崎市本石灰町(もとしっくいまち)
アクセス ・長崎駅前から路面電車(崇福寺行)で約12分、思案橋下車徒歩約2分
・JR長崎駅前東口からバス(早坂・風頭方面行)で約10分、思案橋下車徒歩約2分
・JR長崎駅前南口からバス(北浦・茂木方面行)で約8分、思案橋下車徒歩約2分

SHARE

このスポットから近い観光スポット


周辺の長崎グルメセレクション認定店


当サイトでは、利便性の向上と利用状況の解析、広告配信のためにCookieを使用しています。サイトを閲覧いただく際には、Cookieの使用に同意いただく必要があります。詳細はクッキーポリシーをご確認ください。