長崎検番 (ながさきけんばん)

長崎の花文化

  • 2054views

かつて「江戸の吉原」、「京の島原」と並ぶ三大花街とうたわれた「長崎丸山」。
その丸山にある長崎検番では、芸妓衆(げいこし)の稽古や、お座敷への手配・統括を行っています。思案橋から丸山に抜け、料亭花月の門前を左に入った先にある、築100年を超すという木造2階建ての建物。かつては遊郭だったとう趣きある建物の軒先には、芸妓衆の名が記された赤ちょうちんが並びます。
芸者さんたち(芸妓衆)は、長崎の老舗料亭で芸を披露するとともに、観光イベント等でも芸を披露しています。また、秋の大祭「長崎くんち」で踊りを奉納することもあります。長崎の伝統文化を受け継ぐ担い手として日々稽古に励み、その磨かれた技を披露してくれます。
建物からは、ときに風流な三味線の音が聞こえてきます。運がよければ、夕刻、近場の料亭へ向かう着物姿の芸者さんたちが歩く姿が見れるかもしれません。
※内部の見学はできません。お座敷に芸妓衆を呼ぶには、長崎市内の提携料亭を通じてご相談ください。

基本情報

住所 〒850-0902 長崎県長崎市丸山町4番1号
電話番号 095-822-0168(長崎検番事務所)
ウェブサイト 長崎倹番事務所公式サイト
長崎Webマガジン「ナガジン」

SHARE

このスポットから近い観光スポット


周辺の長崎グルメセレクション認定店


当サイトでは、利便性の向上と利用状況の解析、広告配信のためにCookieを使用しています。サイトを閲覧いただく際には、Cookieの使用に同意いただく必要があります。詳細はクッキーポリシーをご確認ください。