花月 (カゲツ)

県指定史跡。文学墨客も数多く訪れた史跡料亭。

  • 14views

花月は寛永19年(1642)に創立した遊女屋引田屋(ひけたや)の庭園内に文政元年(1818)の頃造られた茶屋の名称です。大正末年、引田屋は廃業しましたが、花月の名称と引田屋の庭園、建物は現在に伝承され、昭和35年(1960)には長崎県の史跡に指定され、全国的に珍しい史跡料亭となりました。

花街丸山には江戸から幕末、明治と長崎で活躍した国際人の社交場であり文人墨客も数多く訪れましたが、花月も例にもれず。坂本龍馬がつけた刀傷の跡が床柱に残る「竜の間」や、タイル貼りの床に和風の天井、中国の様式を取り入れた窓を使用した日本で最初の洋間「春雨の間」。また、なかにし礼原作『長崎ぶらぶら節』で有名となった名妓・愛八直筆の歌本や写真、坂本龍馬直筆の書などを展示する集古館など、花月の歴史を物語る見どころも数多くあります。各部屋から見渡せる元禄時代に造られた庭園も素晴らしいです。

基本情報

住所 〒850-0903 長崎県長崎市丸山町2-1
電話番号 095-822-0191
営業時間 12:00~15:00、18:00~(※前日までに要予約)
休日 年中無休
アクセス JR長崎駅から路面電車(崇福寺行き乗車)利用10分、「思案橋」電停下車、徒歩5分
ウェブサイト 関連サイトはこちら

SHARE

このスポットから近い観光スポット


周辺の長崎グルメセレクション認定店


We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.