旅のテーマ・エリア・キーワード・距離から探す 検索条件を開く
かつては蛍が乱舞していた茶席跡

一の瀬口

エリア
長崎 
テーマ
 
  • かつては蛍が乱舞していた茶席跡

一の瀬口は承応2年(1653)、唐大通事の陳道隆(日本名・潁川藤左衛門)が私財を投じ中島川上流本河内の渓流に架けた半円形の石橋、一の瀬橋を中心とする旧長崎街道の一部のことで、旧長崎街道から長崎に入る玄関口にあった茶屋跡です。

路面電車の発着点として知られる蛍茶屋は昔、蛍の名所で、一の瀬口には蛍茶屋と呼ばれる料亭がありました。

長崎を旅立つ人と見送りの人々が別れを惜しんだ当時の光景を偲ばせる遺構は、現在この一の瀬橋と付近の旧長崎街道に祀られたお地蔵さんだけです。

また橋のたもとに旧長崎街道、長崎から諫早までの道のりを示す案内板も設置されています。

住 所 〒850-0012 長崎県長崎市本河内1丁目、中川2丁目
電話番号 095-829-1193 ((長崎市文化財課))
ホームページ 『一の瀬口』についてのホームページはこちらへ
交通アクセス JR長崎駅から路面電車(蛍茶屋行乗車)利用17分、蛍茶屋電停から徒歩約2分。

閉じる 閉じる