【注目】ながさき旅ネットリニューアル記念!プレゼント付きアンケート実施中

職人尽(ほり物) (ショクニンヅクシ(ホリモノ))

県指定有形文化財

  • 31views

松森天満宮、本殿の神霊の宿る場所の周囲に木をめぐらした瑞籬(みずかき)と呼ばれる垣の欄間に中世職人風俗を彫刻し、彩色した鏡板をはめ込んだ30枚の職人尽です。

これは正徳3年(1713)、社殿の改修が行われた際に奉納されたもので、この彫刻にみられる職人風俗の描写は、歴史民俗資料として美術品としても価値があるものにも関わらず、吹きっさらしというところが不思議な文化財。

彫刻者は、御用指物師喜兵衛・同藤右衛門であり、下絵を描いた画家は不詳でありますが、当時の長崎奉行御用絵師小原慶山ではないかと考えられています。

 

基本情報

住所 〒850-0006 長崎県長崎市上西山町152番地
電話番号 095-829-1193(長崎市文化財課)
アクセス JR長崎駅から路面電車(蛍茶屋行乗車)利用8分、「諏訪神社」電停下車、徒歩5分
ウェブサイト 関連サイトはこちら

SHARE

このスポットから近い観光スポット


周辺の長崎グルメセレクション認定店


We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.