旅のテーマ・エリア・キーワード・距離から探す 検索条件を開く
原爆犠牲者の冥福と平和を願う祈りの空間

平和公園(平和祈念像・平和の泉)

エリア
長崎 
テーマ
史跡・文化財  
  • 原爆犠牲者の冥福と平和を願う祈りの空間
  • 原爆犠牲者の冥福と平和を願う祈りの空間
  • 原爆犠牲者の冥福と平和を願う祈りの空間
  • 原爆犠牲者の冥福と平和を願う祈りの空間
  • 原爆犠牲者の冥福と平和を願う祈りの空間
  • 原爆犠牲者の冥福と平和を願う祈りの空間
原爆落下中心地公園北側、小高い丘にある平和公園は、悲惨な戦争を二度と繰り返さないという誓いと、世界平和への願いを込めてつくられた公園です。

「平和祈念像」
長崎市民の平和への願いを象徴する高さ9.7メートル、重さ30トン、青銅製の平和祈念像。制作者の長崎出身の彫刻家北村西望氏はこの像を神の愛と仏の慈悲を象徴とし、天を指した右手は“原爆の脅威”を、水平に伸ばした左手は“平和”を、軽く閉じた瞼は“原爆犠牲者の冥福を祈る”という想いを込めました。毎年8月9日の原爆の日を「ながさき平和の日」と定め、この像の前で平和祈念式典がとり行なわれ、全世界に向けた平和宣言がなされます。

「平和の泉」
原爆のため体内まで焼けただれた被爆者たちは「水を、水を」とうめき叫びながら死んでいきました。その痛ましい霊に水を捧げて、めい福を祈り、世界恒久平和と核兵器廃絶の願いを込めて浄財を募り建設された円形の泉で、平和公園の一角、平和祈念像の前方にあります。直径18メートルで昭和44年に完成しました。
平和の鳩と鶴の羽根を象徴した噴水が舞い、正面には、被爆し、水を求めてさまよった少女の手記「のどが乾いてたまりませんでした 水にはあぶらのようなものが一面に浮いていました どうしても水が欲しくて とうとうあぶらの浮いたまま飲みました」が刻まれています。

◆Googleストリートビューで平和公園をバーチャル体験してみよう

住 所 長崎県長崎市松山町 平和公園内
電話番号 095-829-1171 ((長崎市みどりの課))
ホームページ 『平和公園(平和祈念像・平和の泉)』についてのホームページはこちらへ
交通アクセス JR長崎駅前から路面電車(赤迫行)で松山町下車、徒歩3分

このスポットから近くの観光情報
このスポットに行くモデルコース
このページを見た人はこんなページも見ています