旅するあなたへ、とっておきの過ごし方を。長崎市の観光を楽しむにはこちら。[PR]

稲佐悟真寺国際墓地 (いなさごしんじこくさいぼち)

市内にある3つの国際墓地の中で、その設置年代が最も古く、規模も大きなもの。

  • 1784views

夜景で有名な稲佐山の麓、浄土宗・悟真寺の境内にあり、歴代住職によって守られてきた世界的にも珍しい国際墓地です。

仏教寺院のこの墓地には、中国人を始めロシア人、ポルトガル人、オランダ人、フランス人、イギリス人、イスパニア人、アメリカ人、インド人、ユダヤ人など国籍も宗教も異なる方々が埋葬され、そのほとんどが航海中の死者や長崎市内における死亡者です。

墓地の大半を占めるのが中国人(唐人)の墓。江戸初期に長崎にやって来た有力唐人が悟真寺を菩提寺としたことから、1602年最初の唐人墓地が造られました。
オランダ人墓地には日本に現存する最古の西洋人の墓があります。当時オランダ人は宗教活動を一切しないというのが出島での条件でしたが、それでも墓石に十字架を彫らせ黙認したという長崎人の西洋人に対する理解をうかがうことができます。

昔から外国人を受け入れ、異文化を取り入れてきた長崎らしい特性を持つ場所です。

基本情報

住所 〒852-8008 長崎県長崎市曙町6-14
電話番号 095-861-2654(悟真寺)
営業時間 10:30~15:00
※一部の墓地は鍵がかかっているため、見学希望の方は悟真寺に直接お問い合わせください
休日 無休
アクセス JR長崎駅前からバス「稲佐」行で約10分「悟真寺前」下車すぐ
JR長崎駅前から車で約5分
ウェブサイト 長崎Webマガジン「ナガジン」

SHARE

このスポットから近い観光スポット


周辺の長崎グルメセレクション認定店


当サイトでは、利便性の向上と利用状況の解析、広告配信のためにCookieを使用しています。サイトを閲覧いただく際には、Cookieの使用に同意いただく必要があります。詳細はクッキーポリシーをご確認ください。