雲仙温泉の最新情報のお知らせ

永松邸 (ながまつてい)

重要伝統的建造物群保存地区に佇む茅葺きの武家屋敷

  • 50views

国選定の「重要伝統的建造物群保存地区」の神代小路に、まるで時が止まったかのように佇む茅葺きの武家屋敷。
永松家は、神代鍋島領を治めた鍋島家の教育係を務めていたとされています。

主屋は寄棟造の茅葺き、一部2階建ての武家屋敷で、建築年代は江戸時代後期ごろとみられています。
南北に長い敷地を囲む塀は、下部が自然石積みで、上部が生垣になっています。

明治期以降、数度の改修が行われていますが、大型武家住宅の初期の形態を色濃く残した建物として、当時の威厳を今に伝えています。

基本情報

住所 〒859-1303 長崎県雲仙市国見町神代丙112番地
電話番号 0957-38-3111(雲仙市役所観光商工部観光物産課)
休日 不定期開館(要問い合わせ)
料金 入館無料
駐車場

SHARE

このスポットから近い観光スポット


周辺の長崎グルメセレクション認定店


We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.