旅するあなたへ、とっておきの過ごし方を。長崎市の観光を楽しむにはこちら。[PR]

如己堂 (にょこどう)

多くの人に受け継がれる永井隆博士の恒久平和と隣人愛のシンボル

  • 4433views

永井隆記念館に隣接する如己堂は、永井隆博士の病室兼書斎です。

原爆で無一文となった浦上の人々やカトリック信者仲間達の厚意によって、博士のための新しい住まいとして建てられた2畳の建物です。博士はこの建物を“己の如く隣人を愛せよ”という意味から“如己堂(にょこどう)”と名付けここで晩年を過ごしました。
襲い来る白血病の病魔と闘い、寝たきりになりながらも必死に執筆活動に励んだ永井博士。
このわずか二畳の部屋の中から博士は、浦上の人々をはげまし続け、「ロザリオの鎖」「この子を残して」「生命(せいめい)の河」「長崎の鐘」などの小説や随筆を発表し、「この子を残して」は映画化、「長崎の鐘」はレコード化され、戦後の名曲として今に歌い継がれています。

基本情報

住所 〒852-8113 長崎県長崎市上野町22-6
電話番号 095-844-3496(永井隆記念館)
料金 【如己堂】無料

【永井隆記念館(展示室)】
大人(15歳以上)/100円
小・中・高校生/無料
駐車場 福祉車両用の1台分のみ
※一般の方は平和公園駐車場または近隣のコインパークをご利用下さい
アクセス 長崎駅前から路面電車(赤迫行)で約15分、大橋下車徒歩15分
JR長崎駅前から車で約20分
ウェブサイト 長崎市永井隆記念館
トリップアドバイザー

SHARE

このスポットから近い観光スポット


周辺の長崎グルメセレクション認定店


当サイトでは、利便性の向上と利用状況の解析、広告配信のためにCookieを使用しています。サイトを閲覧いただく際には、Cookieの使用に同意いただく必要があります。詳細はクッキーポリシーをご確認ください。