旅するあなたへ、とっておきの過ごし方を。長崎市の観光を楽しむにはこちら。[PR]

グラバー園 自由亭喫茶室

グラバー園 自由亭喫茶室-1



 ↑↑↑
バナーを「ポチッ」とクリックして投票お願いします(*^-^*)

長崎市のグラバー園にある「自由亭喫茶室」は、 日本で初めての西洋料理レストランの建物を活用した、 レトロな雰囲気を味わえる喫茶室です。

長崎港と東山手居留地が一望できる絶景カフェです。

この日はビーフシチューと紫陽花ゼリーソーダをいただきました。

ビーフシチュー

明治初期に日本に伝わったとされるビーフシチューは、大きくて柔らかい牛肉がゴロっと入っていて、高級感たっぷり。
コクのあるソースが食欲をそそります。
カリッと焼かれたバゲットと一緒にどうぞ。

紫陽花ゼリーソーダ

グラスの中を漂うのは、紫陽花をイメージした色とりどりのゼリーたち。
窓から差し込む光を受けたその姿は、まるで魔法のドリンクのようであり、長崎っぽくもあり。

途中からレモンシロップをかけて味を変えて楽しむのもおすすめ。
(そういえば、紫陽花って咲き進むにつれて色が変化するんですよね)

全体的に甘さは控えめ。シュワシュワの泡で気分爽快に。


自由亭喫茶室では、この春から、明治初期に食べられていた料理をアレンジした「3つの新メニュー」の提供が始まったそうです。

さきほどご紹介した「ビーフシチュー」のほか、創業当時のメニューである「カレーライス」と、グラバーの故郷・スコットランドの伝統スイーツ「クランベリータルトパイ」の3品。
次回は他のメニューも食べてみたいなぁ。

また、定番メニューとして、
本格的なダッチコーヒー(24時間かけて一滴ずつ抽出する水出しのコーヒー)が有名とのことなので、次回はぜひ飲んでみたいと思います。



グラバー園内の洋館カフェで
ゆったりとレトロな時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。


 

旧自由亭について

自由亭は、日本人シェフによる初めての西洋レストラン。
幕末、出島のオランダ人のもとで西洋料理の修業をした草野丈吉が、長崎市伊良林の若宮稲荷神社近くの自宅で開業したのが始まりです。
現在の建物は、1879年に諏訪神社近くの馬町に進出した際に新築されたもの。
当時は長崎一のレストランとして大繁盛し、元アメリカ大統領、グランド将軍をはじめとした各国のVIPも訪れたのだとか。
資料に記載されている当時のメニューは、コーヒー、カレー、ゼリータルトなど。

この建物はその後、検事正官舎として使用され、昭和49年にグラバー園に移築復元されました。
現在は2階部分が、レトロな雰囲気を味わえる喫茶室として活用されています。


【自由亭喫茶室】
営業時間:9:30~17:15(O.S 16:45) 
定休日:無休
グラバー園の基本情報はこちら 



 ↑↑↑
バナーを「ポチッ」とクリックして投票お願いします(*^-^*)

PickUp

世界遺産「旧グラバー住宅」がリニューアル 約3年間の保存修理工事を終えて全面オープン-1

世界遺産「旧グラバー住宅」がリニューアル 約3年間の保存修理工事を終えて全面オープン

2019年から約3年間にわたり保存修理工事が行われていた長崎市の世界遺産「旧グラバー住宅」が2021年12月に全面オープン。中庭で、バグパイプの音色に包まれながら、リニューアル記念式典が行われました。

もっと見る

ちなみに…自由亭喫茶室は、昨日のブログでご紹介した長崎が舞台のアニメ「色づく世界の明日から」で、唯翔のアルバイト先として登場します。

おっ!唯翔と将の夢のコラボ!!
唯翔はアニメの場面と同じく「コーヒーをサービスするポーズ」!

PickUp

グラバー園で長崎が舞台のアニメ「色づく世界の明日から」の公式ドレス等がレンタル開始-1

グラバー園で長崎が舞台のアニメ「色づく世界の明日から」の公式ドレス等がレンタル開始

第6話でキャラクターたちが劇中で着用している衣装を着て、写真撮影や園内散策を楽しめるレンタルプランが始まりました!!

もっと見る

PickUp

色づく世界の明日から ロケ地めぐり-1

©色づく世界の明日から製作委員会

色づく世界の明日から ロケ地めぐり

作品のロケ支援をした長崎県フィルムコミッションのスタッフの案内で、長崎市内のロケ地を巡ってきました!
あっ…瞳美ちゃんと琥珀ちゃん…になりきった怪しい人たちに遭遇…?

もっと見る

PickUp

この記事を書いた人-1

この記事を書いた人

【ともっち】
2005年から続く長崎県公式観光ブログ「GO!GO!ともっち」の3代目ブロガー。
県内をくまなく取材し、地元ならではの「旬」で「通」な観光情報を発信しています。
趣味は「旅」と「猫」と「路地裏散策」。
長崎市出身の所謂「じげもん」で、眼鏡橋付近で遊んで育ちました。
学生時代の専攻は日本史。博物館学芸員資格あり。

記事一覧はこちら

#この記事に関するタグ

SHARE

同じテーマの記事

食べてみんね!長崎県の4つの地域の「新・ご当地グルメ」-1

食べてみんね!長崎県の4つの地域の「新・ご当地グルメ」

波佐見陶箱クッキー-1

波佐見陶箱クッキー

先日「グッドデザイン賞」と「長崎デザインアワード2021 金賞」のダブル受賞が発表され、全国的にも注目を集めているのですが…なぜこれほどまでに話題なのか?

長崎駅「長崎街道かもめ市場」を「じげもん(地元っ子)目線で詳しく」ご紹介【①食べ物系 長崎みやげ編】-1

長崎駅「長崎街道かもめ市場」を「じげもん(地元っ子)目線で詳しく」ご紹介【①食べ物系 長崎みやげ編】

第1弾は「食べ物系」。長崎駅にオープンした飲食・お土産など54店舗がずらりと並ぶ注目のスポットの魅力を、地元目線で詳しくご紹介!

長崎が舞台のアニメ「色づく世界の明日から」ロケ地めぐり-1

長崎が舞台のアニメ「色づく世界の明日から」ロケ地めぐり

この作品のロケ支援をした長崎県フィルムコミッションのスタッフと一緒に、聖地巡礼。今回は長崎市内の12ケ所をご紹介します。

五島名物「かんころ餅」その作り方から、焼きたてが食べられるお店、通販情報までをご紹介!-1

五島名物「かんころ餅」その作り方から、焼きたてが食べられるお店、通販情報までをご紹介!

表面はカリッ!!中はモチモチ 優しい甘さ。自他ともに認める「かんころ餅フリーク」の私がその魅力を語ります!

新・長崎駅-1

新・長崎駅

軍艦島ツアー体験記-1

軍艦島ツアー体験記

<日本遺産> 針尾無線塔(旧佐世保無線電信所)-1

<日本遺産> 針尾無線塔(旧佐世保無線電信所)

アジフライの聖地 松浦「食事処 海道」-1

アジフライの聖地 松浦「食事処 海道」

西海の新・ご当地グルメ【西海シマアジ旨造り膳】民宿大島-1

西海の新・ご当地グルメ【西海シマアジ旨造り膳】民宿大島

ランキング(1week)

#人気のタグ

テーマ

市町村

ライター紹介

ライター一覧
当サイトでは、利便性の向上と利用状況の解析、広告配信のためにCookieを使用しています。サイトを閲覧いただく際には、Cookieの使用に同意いただく必要があります。詳細はクッキーポリシーをご確認ください。