旅のテーマ・エリア・キーワード・距離から探す 検索条件を開く
側壁石の加工法がめずらしく、長い年月を経た今も長崎の風景

古橋(中川橋)

エリア
長崎 
テーマ
史跡・文化財  
  • 側壁石の加工法がめずらしく、長い年月を経た今も長崎の風景
鳴滝川にかかるこの石橋は、一の瀬から桜馬場に通ずる長崎の玄関口にあたり、承応3年(1654年),唐通事・林守壂が私費を投じて架けた橋です。

眼鏡橋から数えて6番目に架けられた石橋で、この頃堂門・玉帯・高麗・一の瀬の各橋が毎年続いて架けられています。

創架後崩流の記録はありませんが現在は勾欄親柱等をそのまま埋めこんで、約1mかさ上げがしてあり、径間5.1 mで、この水系最小の石橋でありますが、側壁石に入念な仕事ぶりを見ることができます。

大正7年(1918)下流に新しく中川橋が架かり、この橋は、古橋と改称されました。

住 所 〒850-0013 長崎県長崎市中川町
電話番号 095-829-1193 ((長崎市文化財課))
ホームページ 『古橋(中川橋)』についてのホームページはこちらへ
交通アクセス JR長崎駅から路面電車(蛍茶屋行乗車)利用8分、路面電車「新中川町」下車徒歩5分

バス「中川町」下車徒歩3分