旅のテーマ・エリア・キーワード・距離から探す 検索条件を開く
悲しみの原点、グラウンド・ゼロ

平和公園(原爆落下中心地)

エリア
長崎 
テーマ
史跡・文化財  
  • 悲しみの原点、グラウンド・ゼロ
  • 悲しみの原点、グラウンド・ゼロ
  • 悲しみの原点、グラウンド・ゼロ
  • 悲しみの原点、グラウンド・ゼロ

昭和20年(1945)年8月9日11時2分。アメリカのB29爆撃機から投下された原子爆弾は松山町171番地の上空約500mで炸裂しました。現在、その地には落下中心地標柱として昭和43年(1968)に建立された黒御影石の碑が立てられており、園内には被爆当時の地層も残されていますが、そこには原爆によって壊された家の瓦やレンガ、3000度の熱で焼けたガラスなどが今も大量に埋没しています。

原爆の爆風により、爆心地周辺のほとんどの樹木は倒れ焼き尽されたことから70年は草木も生えないだろうという“70年不毛説”が流れましたが、1ヶ月後には約30種類の植物が芽吹きました。この爆心地周辺も今ではすっかり緑に囲まれ、かつての惨状を思い浮かべるとその逞しい復興の力を感じることができます。

公園の周囲には桜の木が植えられ、桜の季節をはじめ、日頃から緑に囲まれた憩いの空間として親しまれています。

住 所 〒852-8118 長崎県長崎市松山町
電話番号 095-822-8888 (長崎市コールセンターあじさいコール)
ホームページ 『平和公園(原爆落下中心地)』についてのホームページはこちらへ
交通アクセス JR長崎駅前から路面電車(赤迫行)利用15分、松山町電停から徒歩1分