雲仙温泉の最新情報のお知らせ

歴史好き必見!生月島番外編~島の館・ガスパル様~

歴史好き必見!生月島番外編~島の館・ガスパル様~-1

長崎絶景ソラ旅シリーズ!
前回は生月島の隠れた名所を紹介しましたが、今回は番外編をお届けします。

生月町博物館「島の館」へお邪魔したら、捕鯨に隠れキリシタン・・・奥深い歴史を知ることができました。
生月に行くなら必見です!



ナガサキタビブ

生月大橋を渡るとすぐ!

生月大橋を渡ってすぐ左へ曲がると、生月町博物館「島の館」に到着します。
橋を渡るときに見える「道の駅」の奥にあり、目の前の海岸で遊んで、道の駅でお土産を買うこともできる便利な立地です。

かつて捕鯨の町として栄えた「生月島」

「島の館」の敷地内に入ると飛び込んでくるのはセミクジラの像!
なかなかに大きい!しかし何故クジラ?
生月はもともと捕鯨の盛んな島だったのです。

入口付近には捕鯨船のスクリュー等の実物も展示されています。

博物館の中へと入ってみましょう!

通路からすぐにクジラの紹介がはじまります。
生月には主にセミクジラがやってきていた、背中にヒレ等が無くキレイに見えたことから「背美鯨」と呼ばれていたそうです。

では本命の「勇魚(いさな)とりの物語」を見てみましょう。

※「勇魚」とは、「鯨」の古い呼び方です。

巨大ジオラマが迫力満点!勇魚とりの物語

展示室へ入ると目に飛び込んで来るのは巨大なジオラマ!
当時の捕鯨シーンを再現したもので、捕鯨の際の役割分担などが模型を見る事で分かりやすく作られています。

実際はもっと多くの船で鯨を取り囲んで漁がおこなわれ、まさに「鯨と人間の戦い」という状況だったそう!
鯨を牽引する為の鉤(かぎ)を打つのは人の手だったんです!

また、ジオラマから目を上へ向けると、驚くほど巨大なミンククジラとツチクジラの骨格標本が飛び込んできます!
いや~本当に大きい!

生月の益富組

益冨(ますとみ)捕鯨は、1820年頃(文政年間)には、5つの鯨組を経営するほどに拡大し、 西海のみならず日本最大の規模を誇る鯨組へと発展しました。
益富家から貴重な資料「勇魚取絵詞(いさなとりえことば)」も展示されています。

生月島の鯨取りの様子を紹介した 「勇魚取絵詞」は、1832年(天保3)に益冨家が刊行したもので、漁場や施設の紹介から、網をかけて銛(もり)を突き刺す捕鯨の様子、 解体や加工の過程など20の場面を絵と解説文で描いたもので、とても貴重な資料です。(写真撮影禁止エリア)

生月の益富組はとくに規模が大きく、全盛時には作業員三千余名、舟は二百余隻、毎年二百余頭の鯨を捕獲したということです。(諸説あり)

他にも江戸から現代までの捕鯨に関わる道具や鯨の頭骨(本物)、漁に使う用具の展示もあり、とても勉強になりました。

日本一の巨漢力士!生月鯨太左衛門

そして生月島出身で日本一の巨漢力士として知られる生月鯨太左衛門(いきつきけいたざえもん)について紹介するコーナーもあります。
彼がまたデカい!!なんと身長227㎝!
実寸サイズの生月鯨太左衛門と一緒に記念写真を撮ったり、手のひらのサイズを比べてみてはいかがですか?

カクレキリシタンの貴重な資料も展示

生月島のある平戸市は、フランシスコ・ザビエルが布教のために訪れた地。

1558年と1565年に行われた一斉改宗によって生月島や平戸島の西海岸に多くのカトリック信者を得ますが、江戸時代に入ると相次ぐ弾圧で多くの犠牲者(殉教者)を出します。
厳しい弾圧の中にあっても、信者たちは進行を密かに続け、伝えていきました。

今も島に残る信仰の姿はとても独特です。
口伝だけで伝承される「オラショ」という祈り
よく見る西洋画とは全く違う「ちょんまげ姿のヨハネ」の聖画……
中には「伝言ゲーム」の様に書き換えの度に少しずつ変わっていった聖画も多く見られます。

それもそのはず、激しい弾圧を受けたキリシタンは、仏教や神道に擬態したかたちで密かに信仰を守り続けていきました。
表向きは仏壇や神棚を設置しながら、納戸にキリスト教の聖画像を隠して祀ったのです。

禁教が解かれてからその信仰形態を守る人々は「カクレキリシタン」と呼ばれ、カトリックとは違う独自の信仰を、今もなお平戸の西、生月島で受け継がれています。

魚と漁業の展示室「フィッシャーマンズアリーナ」

島の館の最後のコーナーである「フィッシャーマンズアリーナ」
こちらでは自分が定置網に入っているような雰囲気の中で展示物を見学しながら漁について学べます。

様々な魚の剥製が多く展示してあり、大きさや色、形に至るまで、詳細に観察できます。
他にも色々な漁の手法について分かりやすく模型で解説してありますよ。

珍しい商品を発掘しよう!お土産コーナー

博物館のミュージアムショップはフリーゾーンなので、どなたでも立ち寄ることができます。
定番のぬいぐるみやキーホルダーはもちろん、「世界文化遺産関連商品」や「鯨グッズ」も多数揃えてありました。
なかでも、くじら髭を使った商品は珍しい!

捕鯨に焦点を当てた珍しい博物館です。
是非一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

黒瀬の辻殉教地・ガスパル様

島の館から少し港側へ。
生月島の中ほどにある山田教会からほど近い丘に十字架が見えます。
ここは1558年にガスパル・ヴィレラ神父が、生月で最初にキリスト教の布教を行い十字架を建てた場所。
そして1609年、生月で最初の殉教者となったガスパル(洗礼名)西玄可の殉教の地でもあります。

1993年、彼の墓のそばの黒瀬の辻(黒瀬=クルス、元々十字架が建てられ祀られていた場所)に、再び大きな十字架が建てられ、クルスの丘公園として整備されました。

この場所から世界文化遺産「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の構成資産の一つ「中江ノ島」を望むことができます。

※島へは上陸できません。

神聖なこの地で
旅の最後に思いを馳せてみるのも良いのではないでしょうか・・・。

この記事を書いた人

朝永武志朝永武志
#ナガサキタビブ 部員(公式ライター)

ドローン撮影で、ダイナミックな景色を見せます!

佐世保を拠点に、写真や動画を地上だけではなく上空からも撮影しながら活動しております。 四季折々の地元の名所を、色々な角度から切り取りお伝え出来れば!と思います。

部員の記事一覧はこちら

記事一覧はこちら

#この記事に関するタグ

SHARE

同じテーマの記事

長崎が舞台のアニメ「色づく世界の明日から」ロケ地めぐり-1

長崎が舞台のアニメ「色づく世界の明日から」ロケ地めぐり

この作品のロケ支援をした長崎県フィルムコミッションのスタッフと一緒に、聖地巡礼。今回は長崎市内の12ケ所をご紹介します。

もののけ姫の世界?「岩戸神社」-1

もののけ姫の世界?「岩戸神社」

江戸~`90旅博まで!『博覧会の世紀』長崎歴史文化博物館で開催中-1

江戸~`90旅博まで!『博覧会の世紀』長崎歴史文化博物館で開催中

長崎会場限定展示に興奮!!懐かしか~!!

鳥の目で見る!長崎絶景ソラ旅。断崖絶壁の上に立つ大バエ灯台-1

鳥の目で見る!長崎絶景ソラ旅。断崖絶壁の上に立つ大バエ灯台

平戸市生月島の最北端、100mほど切り立つ断崖の上に立つ白亜の灯台「大バエ灯台」。迫力のドローン写真と共に、絶景スポットをご紹介します。

軍艦島ツアー体験記-1

軍艦島ツアー体験記

小長井ブランド牡蠣(かき)華漣(かれん)と平戸の天然ひらめ-1

小長井ブランド牡蠣(かき)華漣(かれん)と平戸の天然ひらめ

一泊二日で巡る癒しの大人旅。極上体験を雲仙温泉で。-1

一泊二日で巡る癒しの大人旅。極上体験を雲仙温泉で。

エネルギッシュな地球の息吹、余分を削ぎ落とし五感を研ぎ澄ませる体験。丁寧に自分をケアする新たな体験を雲仙でしてみませんか。

九州で!?ウユニ塩湖のような写真が撮れる!松浦の大崎海水浴場へGO!-1

九州で!?ウユニ塩湖のような写真が撮れる!松浦の大崎海水浴場へGO!

「死ぬまでに見たい絶景」として有名なウユニ塩湖のような幻想的な写真が撮れる場所が、実は九州・長崎にあったんです!

人気の観光列車が“つながって”運行! 佐賀・長崎デスティネーションキャンペーン・プレキャンペーンスタート-1

人気の観光列車が“つながって”運行! 佐賀・長崎デスティネーションキャンペーン・プレキャンペーンスタート

季節の移り変わりも楽しみ!趣のある景色に癒される諫早さんぽ-1

季節の移り変わりも楽しみ!趣のある景色に癒される諫早さんぽ

紅葉が楽しみな季節。映えるのに混んでないから、人の写り込みも気にせず撮影し放題!な穴場が諫早市には沢山あるんですよ!

ランキング(1week)

#人気のタグ

テーマ

市町村

ライター紹介

ライター一覧
We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.