本河内宝篋印塔(ほんごうちほうきょういんとう) (ホンゴウチホウキョウイントウ)

市指定有形文化財

  • 43views

この本河内宝篋印塔は、文化8年(1811年)、本篭町住の薬種商中村盛右衛門仲凞・嘉右衛門茂済父子が造塔施主となり、肥後の人豪朝が建てた供養塔です。

豪潮は大願をたて全国に2千基の塔を建てたといわれ、それは豪潮塔といわれるものです。

笠の隅飾が華麗で蓮座の下には、さらに第二の塔身があります。

いずれの種子も重厚で長崎市内では、清水寺・禅林寺・春徳寺に現存していますが、この塔はその中でも最大のものになります。

また市内の晧台寺に残片があるものは、以前仁王門の下に建てられていたということを物語っており、県内には平戸の最教寺・野母崎の観音寺に1基ずつあります。

基本情報

住所 〒850-0012 長崎県長崎市本河内2丁目1番
電話番号 095-829-1193(長崎市文化財課)
アクセス JR長崎駅からバス(矢上団地行等乗車)利用10分、「番所下車」徒歩5分 
路面電車「蛍茶屋」下車徒歩10分
   
ウェブサイト 関連サイトはこちら

SHARE

このスポットから近い観光スポット


周辺の長崎グルメセレクション認定店


We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.