旅するあなたへ、とっておきの過ごし方を。長崎市の観光を楽しむにはこちら。[PR]

“五島の醤” 五島列島の魚を椿酵母で発酵させた魚醤 

“五島の醤” 五島列島の魚を椿酵母で発酵させた魚醤 -1

.
たまには個人的にハマっているおすすめの長崎県産品のご紹介など、してみたいと思います。

最近のイチオシはなんと言っても、五島列島の新鮮な魚を、五島列島特産の椿から発見された「五島つばき酵母」で発酵させた魚醤「五島の醤(ひしお)」。



↑↑バナーを「ポチッ」とクリックして投票お願いします(*^-^*)
 

おすすめは卵かけご飯

いろいろな使い道があるのですが、私のイチオシは「卵かけごはん」。

旨みたっぷりだけれど癖のない魚醤が、卵と白米に宿る本来の美味しさをぐんと引き出してくれて、思わずお行儀悪く一気に掻き込んでしまうほど。

あまりに気に入って毎朝食べていたら、あっという間に一瓶使い切ったので、また買わなくっちゃ!!

と思っていたら、2020年12月に行われた

⻑崎県⽔産加⼯振興祭 ⽔産製品品評会で⽔産庁⻑官賞を受賞し、一躍話題に。


 

商品について詳しくご紹介すると…

原料はアゴ(⾶⿂)や鯛といった、五島列島を代表する⿂のほか、アイゴ、イスズミといった藻場を⾷い荒らすいわゆる⾷害⿂。それらを活用することで、近年問題となっている海の砂漠化(磯焼け)をくい⽌め、五島列島の美しい海を守りたいという思いが込められているのだとか。

それら原料の魚を、五島列島の椿から発⾒された「五島つばき酵⺟」を使い、発酵を促進させることで、魚本来の旨みは残しつつも、癖のない爽やかな魚醤に仕上がっています。

塩分は10%と控えめですが、減塩食品にありがちな添加物は一切使用していないんですって。

だから安心していただくことができます。

 

味は「赤」と「白」の二種類

「赤」は醤油麹を使用。
醤油に魚のうまみが詰まっています。
かけ醤油として使うのがおすすめ。

「白」は米麹を使用。
魚醤っぽくないフレッシュでフルーティーな香りがします。
いわゆる薄口醤油のような淡い色なので、いろんな料理に使えます。

各850円(税別)

商品を製造・販売しているのは、五島の椿(株)。
椿の花や種だけでなく、葉、枝、果⽪にいたるまで調査研究を⾏ない、化粧品や魚醤など五島列島の椿を活用した商品を開発している会社です。

“五島の醤”は
インターネットのオンラインショップのほか、
五島市内のスーパーや土産店、
長崎駅前アミュプラザの「お土産 すみや」、
東京・日本橋にある長崎県のアンテナショップ「日本橋長崎館」でも購入可能です。



 

冬の五島といえば椿

冬の五島といえば椿。

今年も、赤く美しい花々が島を暖かく彩っています。

新型コロナウイルスが収束したら、椿の島・五島にもぜひ足をお運びください。

例年は「五島椿まつり」が開催されます。
 

#この記事に関するタグ

SHARE

同じテーマの記事

食べてみんね!長崎県の4つの地域の「新・ご当地グルメ」-1

食べてみんね!長崎県の4つの地域の「新・ご当地グルメ」

波佐見陶箱クッキー-1

波佐見陶箱クッキー

先日「グッドデザイン賞」と「長崎デザインアワード2021 金賞」のダブル受賞が発表され、全国的にも注目を集めているのですが…なぜこれほどまでに話題なのか?

長崎駅「長崎街道かもめ市場」を「じげもん(地元っ子)目線で詳しく」ご紹介【①食べ物系 長崎みやげ編】-1

長崎駅「長崎街道かもめ市場」を「じげもん(地元っ子)目線で詳しく」ご紹介【①食べ物系 長崎みやげ編】

第1弾は「食べ物系」。長崎駅にオープンした飲食・お土産など54店舗がずらりと並ぶ注目のスポットの魅力を、地元目線で詳しくご紹介!

五島名物「かんころ餅」その作り方から、焼きたてが食べられるお店、通販情報までをご紹介!-1

五島名物「かんころ餅」その作り方から、焼きたてが食べられるお店、通販情報までをご紹介!

表面はカリッ!!中はモチモチ 優しい甘さ。自他ともに認める「かんころ餅フリーク」の私がその魅力を語ります!

アジフライの聖地 松浦「食事処 海道」-1

アジフライの聖地 松浦「食事処 海道」

西海の新・ご当地グルメ【西海シマアジ旨造り膳】民宿大島-1

西海の新・ご当地グルメ【西海シマアジ旨造り膳】民宿大島

平戸 刺身おかわり無制限の店「萬福(まんぷく)」-1

平戸 刺身おかわり無制限の店「萬福(まんぷく)」

全国でも珍しい「お刺身のおかわり」ができる店!! 長崎県民の投票でオススメのグルメ店100選を決める「長崎グルメセレクション」の認定店にも選ばれました!

長崎駅「長崎街道かもめ市場」を「じげもん(地元っ子)目線で詳しく」ご紹介【③飲食編】-1

長崎駅「長崎街道かもめ市場」を「じげもん(地元っ子)目線で詳しく」ご紹介【③飲食編】

第3弾は「飲食編」。地酒と料理が楽しめる長崎初の横丁ゾーン「かもめ横丁」&長崎グルメを味わえる「ご当地レストラン」を紹介します。

佐世保名物レモンステーキ「時代屋」-1

佐世保名物レモンステーキ「時代屋」

長崎駅「長崎街道かもめ市場」を「じげもん(地元っ子)目線で詳しく」ご紹介【②雑貨系長崎みやげ編】-1

長崎駅「長崎街道かもめ市場」を「じげもん(地元っ子)目線で詳しく」ご紹介【②雑貨系長崎みやげ編】

第2弾は「雑貨系長崎みやげ編」。西九州新幹線かもめグッズや波佐見焼、自分だけのオリジナル土産が作れるサービスなど、話題の新商品をご紹介します!

ランキング(1week)

#人気のタグ

テーマ

市町村

ライター紹介

ライター一覧
当サイトでは、利便性の向上と利用状況の解析、広告配信のためにCookieを使用しています。サイトを閲覧いただく際には、Cookieの使用に同意いただく必要があります。詳細はクッキーポリシーをご確認ください。