旅するあなたへ、とっておきの過ごし方を。長崎の観光を楽しむにはこちら。[PR]

長崎県一高い料理店(標高が…) 雲仙57食堂

長崎県一高い料理店(標高が…) 雲仙57食堂-1

.
雲仙温泉シリーズ2回目(1回目の記事はこちら)
今回は、“長崎県一高い料理店(標高が…)” 「雲仙57食堂」をご紹介します。


標高750m地点にある、雲仙ゴルフ場の併設レストランです
(一般客の利用も、もちろんOK)

「ヤッホー!!」

正面は妙見岳の大パノラマ。
100年以上の歴史を誇る「雲仙ゴルフ場」を眺めながら食事を楽しめるなんて、ワクワクします!!
春は新緑、秋には紅葉に染まる美しい山の姿が楽しるそうですよ。

クラシカルな店内。天井からのドレープカーテンが美しい!

名物 カレーちゃんぽん

57食堂の人気メニュー「カレーちゃんぽん」。
「え、なにそれ…?」と怪しむことなかれ。
かつてこの地で営業していたレストランの人気メニューを、現在の店主が、お客さんからのリクエストに応えて復刻した57食堂の名物です。

人気テレビ番組「マツコの知らない世界」にも出演した「ちゃんぽん番長」こと、雲仙観光局 林田部長も太鼓判を押す、洋食×中華の奇跡のマリアージュ。

ちゃんぽん番長も太鼓判

「おぉ、これは!カレーとちゃんぽんのバランスが絶妙で、良かね~!」

具材の旨味たっぷりの「ちゃんぽんスープ」の中に、スパイシーなカレールゥが主張しすぎることなく、絶妙に溶け込んでいます。

「シイタケの旨味が凄い!!」

島原半島はシイタケの名産地。上質なシイタケは上品な旨みの出汁が良く出るんです。

「肉が柔らかくてジューシー!!」

使われているのは、南島原市口之津産の「芳寿豚(ほうじゅとん)」。
高い衛生レベルの清潔な環境で飼育され、臭みが少なく柔らかくてジューシーなのが特徴の豚肉です。

具材には、豚肉、シイタケはもちろん、もやし、シイタケ、人参、かまぼこ…キクラゲ以外はほぼ島原半島産の素材が使われています。


「作り手の優しさが伝わってくるおいしさですね(⌒∇⌒)!」

長崎のご当地グルメとして名高い「ちゃんぽん」。
ちゃんぽん番長 林田さんの話によると、その食文化は長崎・茂木港から海を渡って小浜温泉へ(小浜ちゃんぽんの誕生)、そこから山を登り雲仙温泉にまで到達したんですって。

雲仙ジオバーガー

このボリューム感!!

「“長崎県の胃袋“といわれるほど農業や畜産が盛んな島原半島の食材を使って、街歩きの途中などにも手軽に食べられる商品を」と産学官が連携して開発した新ご当地グルメ。
それが「雲仙ジオバーガー」。
現在、島原半島11店舗で販売されています。

雲仙ジオバーガーについて詳しくはこちら(雲仙ポータル)
https://www.unzen-portal.jp/projects/nitatohge/unzen_geo_burger/


雲仙57食堂のジオバーガーは、
和牛100%のパテ&ジャガイモのマッシュフライ(いずれも雲仙産)が特徴です。

カリッと香ばしく焼かれたバンズを片手に持って、ガブリ。
まず味覚にガツンとくるのは、雲仙産の和牛100%のパテ。
粗びきで肉感バッチリ、旨みが凄くてソースとのバランスも良いんです!
続いてとろーりチーズ、目玉焼き、雲仙市特産のジャガイモのマッシュフライ。
そして最後に来る雲仙市国見町八斗木白葱の甘酢漬け。
これがまた全体のバランスを整える「良い仕事」してるんですよね~(^O^)!

バーガー類は、ジオバーガーのほか、無投薬&ハーブ配合の餌で健康的に育った南島原市「OKファーム」の鶏肉を使用した「チキンバーガー」もあります。こちらはさっぱり軽いバーガーを食べたい方におすすめ。

ミルクセーキ

長崎県ではミルクセーキは飲み物ではなく、スプーンでジャリジャリ「食べる」もの。
雲仙57食堂のミルクセーキはというと…


とにかく卵の旨味が濃い!!

店主の山口さんによると、雲仙普賢岳の麓の大自然に囲まれた養鶏場「塚ちゃん雲仙たまご村」で大切に育てられたニワトリが生んだ卵を使用。箸でつまめるほど弾力のあるその卵は、黄身の味が濃いのが特徴なのだとか。
そこに地元産の「島原牛乳」や砂糖を加えて撹拌し、島原半島ならではの濃厚な旨みのあるミルクセーキに仕上げているんですって。

「雲仙57食堂」は、雲仙温泉街から国道57号線を仁田峠方面に向かう途中にある「雲仙ゴルフ場」のクラブハウスの二階です。

店主の山口一幸さん(雲仙市愛野町出身)は、これまでケータリングカーで料理を販売していましたが、縁あって、平成31年1月11日11時に「57食堂」を開業。
「57食堂」という店名の由来は、長崎県長崎市から雲仙のある島原半島を横断し、熊本県に至る「国道57号線」沿いにあるからなのだとか。

雲仙にお出かけの際は、“長崎県一高い料理店(標高が…)”雲仙57食堂で、島原半島の恵みを味わってみては?



【雲仙57食堂】
〒854-0621 長崎県雲仙市小浜町雲仙548 雲仙ゴルフ場クラブハウス2階
電話:080-3943-5657
不定休(Instagramでお知らせ)
11:00~15:00
Instagram @57shokudou
Facebook @雲仙57食堂



雲仙の旅レポート、まだまだ続きます。
次回をお楽しみに♪

 

PickUp

【関連記事】雲仙温泉へGo!ぶらり雲仙地獄ガイドツアー-1

【関連記事】雲仙温泉へGo!ぶらり雲仙地獄ガイドツアー

雲仙温泉に行ってきました!!
アクセスは、博多方面からJRを利用する場合、西九州新幹線などに乗車し「諫早駅」で下車。
諫早駅をハブ(交通結節点)としてそこから「定額タクシー」や「路線バス」などを利用して雲仙温泉へ。
今回私は西九州新幹線+定額タクシーを利用して行ってきました。

もっと見る

PickUp

この記事を書いた人-1

この記事を書いた人

【ともっち】
2005年から続く長崎県公式観光ブログ「GO!GO!ともっち」の3代目ブロガー。
県内をくまなく取材し、地元ならではの「旬」で「通」な観光情報を発信しています。
趣味は「旅」と「猫」と「路地裏散策」。
長崎市出身の所謂「じげもん」で、眼鏡橋付近で遊んで育ちました。
学生時代の専攻は日本史。博物館学芸員資格あり。

記事一覧はこちら

#この記事に関するタグ

SHARE

同じテーマの記事

平戸 刺身おかわり無制限の店「萬福(まんぷく)」-1

平戸 刺身おかわり無制限の店「萬福(まんぷく)」

全国でも珍しい「お刺身のおかわり」ができる店!! 長崎県民の投票でオススメのグルメ店100選を決める「長崎グルメセレクション」の認定店にも選ばれました!

長崎駅「長崎街道かもめ市場」を「じげもん(地元っ子)目線で詳しく」ご紹介【①食べ物系 長崎みやげ編】-1

長崎駅「長崎街道かもめ市場」を「じげもん(地元っ子)目線で詳しく」ご紹介【①食べ物系 長崎みやげ編】

第1弾は「食べ物系」。長崎駅にオープンした飲食・お土産など54店舗がずらりと並ぶ注目のスポットの魅力を、地元目線で詳しくご紹介!

長崎トルコライス紀行 ツル茶ん-1

長崎トルコライス紀行 ツル茶ん

諏訪神社 願いが叶うといわれる14種類の狛犬-1

諏訪神社 願いが叶うといわれる14種類の狛犬

初詣シーズンに向けて「ご利益があるパワースポット」を紹介するシリーズ。最終回は、長崎市民の氏神様「諏訪神社」です。

長崎駅「長崎街道かもめ市場」を「じげもん(地元っ子)目線で詳しく」ご紹介【③飲食編】-1

長崎駅「長崎街道かもめ市場」を「じげもん(地元っ子)目線で詳しく」ご紹介【③飲食編】

第3弾は「飲食編」。地酒と料理が楽しめる長崎初の横丁ゾーン「かもめ横丁」&長崎グルメを味わえる「ご当地レストラン」を紹介します。

平戸にオープン!「海の見えるごはん屋」-1

平戸にオープン!「海の見えるごはん屋」

軍艦島ツアー体験記-1

軍艦島ツアー体験記

的山大島-1

的山大島

長崎 尾曲がり猫神社-1

長崎 尾曲がり猫神社

山の寺 邑居(ゆうきょ)-1

山の寺 邑居(ゆうきょ)

ランキング(1week)

#人気のタグ

テーマ

市町村

ライター紹介

ライター一覧
当サイトでは、利便性の向上と利用状況の解析、広告配信のためにCookieを使用しています。サイトを閲覧いただく際には、Cookieの使用に同意いただく必要があります。詳細はクッキーポリシーをご確認ください。