雲仙温泉の最新情報のお知らせ

くんち三八七年展

くんち三八七年展-1


こんにちは!ともっちです。
今年の長崎くんちは、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、奉納踊りと神輿の巡幸が「中止」…。
なんと2年連続の中止だなんて、悲しすぎる・・・(涙)

嘆き悲しむくんちファンの皆さまに朗報です!!
長崎歴史文化博物館では、例年どおり「くんち展」が開催されていますよ(^^♪

387年を迎える今年は、来年へ繰り延べになった踊町ゆかりの資料、新収蔵の絵図や古写真のほか、例年のくんち展で展示する機会が少ない資料など、約60点が並んでいます。



↑↑バナーを「ポチッ」とクリックして投票お願いします(*^-^*)

【新収蔵資料】「長崎市中風俗、年中祭礼行事、鳥図アルバム」より「長崎諏訪祭礼図」 

江戸時代末(1854~1864年)に描かれた川原慶賀派の作品。
かつて大浦居留地で商売をしていたプロイセン商人が所持していたことを示す収蔵印が押されています。
令和2年度に長崎県が海外から購入し、長崎へ「里帰り」を果たしました。

同博物館の研究員 矢田純子さんによると、お旅所がこのアングルから描かれることや、町名がハッキリ描かれるのは珍しいのだそうです。

周囲には併せて絵図に描かれている「寄合町」の傘鉾飾りと垂れを展示。
垂れは絵図に描かれているものと同じ年代のものなのだとか。

【新収蔵資料】の古写真3点は、昨年のくんち展を見た方から寄贈された奉納踊りの写真。
大村町 明治34年(1901年)・外浦町 明治35年(1902年)

よく見ると、同じ町なのに演目が違う?
なんと昔は前日(まえび)と後日(あとび)で奉納する演目が違うこともあったのだとか。
いやいや、普通はひとつの演目でも奉納するのは大変なのに(パワー的にも、予算的にも)驚きです!

さらにビックリなのが、昔は舞台セットを作って演じる芝居仕立ての演目が多く、そうなると「庭先回り」の際には、橋とか山とかに見立てたいわゆる「大道具」を担いで移動し、市街地で演じるたびに各スポットでセッティングしていたのだとか!!

その様子が絵図にも描かれているのですが、なんとも興味深い…。

例年のくんち展で展示する機会が少ない資料も登場!

ユニークだな、と思ったのはこちら。
伊勢町の傘鉾垂れです。
町名にちなんで、傘鉾垂れのモチーフは伊勢の二見浦(ふたみがうら)。
本番の際は、この垂れに本物の「しめ縄」を取り付けて(渡して)使うんですって。

この下のしめ縄を取り付けます

 ↓ ↓ ↓ ↓

この絵図は、有名な伊勢の二見浦(ふたみがうら)の夫婦岩ですが、これをオリジナルとして、昔から全国各地に夫婦岩が祀られています。
九州では糸島の「櫻井二見ケ浦」も有名ですよね。

長崎人の私は、もちろん長崎市野母崎の夫婦岩を思い浮かべました(^^♪
ちなみに本場・伊勢は2つの岩の間から朝日が昇りますが、長崎・野母崎の夫婦岩では夕日が沈むんですよ。
その神々しさといったら!!!(夕日の画像がなくて残念ですが)

  ↓ ↓ ↓ ↓

長崎刺繍やビロードなどを用いた豪華なくんち衣装も。
 


「くんち三八七年展」は常設展のチケットで観覧可能。

また常設展示室内にある復元された江戸時代の「町屋」では、9月22日(水)から10月17日(日)のくんち展の最終日まで、長崎くんちのしつらえや歳時料理が展示される予定だそうですので、併せてお楽しみください。


 

ミュージアムショップには、くんち手ぬぐいをリメイクした「くんちトートバッグ」が入荷していましたよ♪

令和3年の長崎くんち。
奉納踊りと神輿の巡幸は中止ですが、この展覧会でくんち気分を味わってみてはいかがでしょうか?

 

PickUp

特集展示「くんち三八七年展」-1

特集展示「くんち三八七年展」

会 期:2021年9月1日(水)~10月17日(日)※9/21休館
会 場:長崎歴史文化博物館 2階特集展示室
観覧料:常設展観覧料でご覧いただけます 
大人630円、小中高生310円、県内小中生無料

公式HPはこちら 

この記事を書いた人

GO!GO!ともっち


2005年から続く長崎県公式観光ブログ「GO!GO!ともっち」の3代目ブロガー。
県内をくまなく取材し、地元ならではの「旬」で「通」な観光情報を発信しています。
趣味は「旅」と「猫」と「路地裏散策」。
長崎市出身の所謂「じげもん」で、眼鏡橋付近で遊んで育ちました。
学生時代の専攻は日本史。博物館学芸員資格あり。


↑↑バナーを「ポチッ」とクリックして投票お願いします(*^-^*)

 

【新型コロナウイルス感染症関連情報】

長崎県 新型コロナウイルス感染症について
https://www.pref.nagasaki.jp/bunrui/hukushi-hoken/kansensho/corona_nagasaki/

長崎観光ポータルサイト「ながさき旅ネット」
https://www.nagasaki-tabinet.com/
 

#この記事に関するタグ

SHARE

同じテーマの記事

長崎が舞台のアニメ「色づく世界の明日から」ロケ地めぐり-1

長崎が舞台のアニメ「色づく世界の明日から」ロケ地めぐり

この作品のロケ支援をした長崎県フィルムコミッションのスタッフと一緒に、聖地巡礼。今回は長崎市内の12ケ所をご紹介します。

もののけ姫の世界?「岩戸神社」-1

もののけ姫の世界?「岩戸神社」

江戸~`90旅博まで!『博覧会の世紀』長崎歴史文化博物館で開催中-1

江戸~`90旅博まで!『博覧会の世紀』長崎歴史文化博物館で開催中

長崎会場限定展示に興奮!!懐かしか~!!

鳥の目で見る!長崎絶景ソラ旅。断崖絶壁の上に立つ大バエ灯台-1

鳥の目で見る!長崎絶景ソラ旅。断崖絶壁の上に立つ大バエ灯台

平戸市生月島の最北端、100mほど切り立つ断崖の上に立つ白亜の灯台「大バエ灯台」。迫力のドローン写真と共に、絶景スポットをご紹介します。

軍艦島ツアー体験記-1

軍艦島ツアー体験記

小長井ブランド牡蠣(かき)華漣(かれん)と平戸の天然ひらめ-1

小長井ブランド牡蠣(かき)華漣(かれん)と平戸の天然ひらめ

一泊二日で巡る癒しの大人旅。極上体験を雲仙温泉で。-1

一泊二日で巡る癒しの大人旅。極上体験を雲仙温泉で。

エネルギッシュな地球の息吹、余分を削ぎ落とし五感を研ぎ澄ませる体験。丁寧に自分をケアする新たな体験を雲仙でしてみませんか。

九州で!?ウユニ塩湖のような写真が撮れる!松浦の大崎海水浴場へGO!-1

九州で!?ウユニ塩湖のような写真が撮れる!松浦の大崎海水浴場へGO!

「死ぬまでに見たい絶景」として有名なウユニ塩湖のような幻想的な写真が撮れる場所が、実は九州・長崎にあったんです!

人気の観光列車が“つながって”運行! 佐賀・長崎デスティネーションキャンペーン・プレキャンペーンスタート-1

人気の観光列車が“つながって”運行! 佐賀・長崎デスティネーションキャンペーン・プレキャンペーンスタート

季節の移り変わりも楽しみ!趣のある景色に癒される諫早さんぽ-1

季節の移り変わりも楽しみ!趣のある景色に癒される諫早さんぽ

紅葉が楽しみな季節。映えるのに混んでないから、人の写り込みも気にせず撮影し放題!な穴場が諫早市には沢山あるんですよ!

ランキング(1week)

#人気のタグ

テーマ

市町村

ライター紹介

ライター一覧
We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.