【注目】ながさき旅ネットリニューアル記念!プレゼント付きアンケート実施中

小菅修船場跡(こすげしゅうせんばあと) (コスゲシュウセンバアト)

国指定史跡。ソロバンドックとよばれた日本の造船所発祥の地。

  • 306views

日本最古の蒸気機関を動力とする曳揚げ装置を整備した洋式スリップ・ドッグが小菅修船場です。
船をボイラー型蒸気機関の力で曳き揚げるために設置されたレール上の船を載せる台(船架、現存しない)がそろばん状に見えたため、通称「ソロバンドック」の名で親しまれています。
修船場は、外国船の修理を目的としてトーマス・ブレイク・グラバーが薩摩藩士ら(小松帯刀・五代才助[友厚])と計画し、スコットランドから曳揚げ装置一式を取り寄せ、明治元年(1869)に完成しました。

このドックは、翌年明治新政府が買収、長崎製鉄所が管理し、明治20年(1887年)に三菱の所有となり現在に至っています。その意味では小菅修船場は日本の近代造船所発祥の地ともいえます。

また、曳揚げ小屋は現存する日本最古の本格的な煉瓦造の建物です。
現在は国の史跡に指定されています。


写真提供:三菱重工業㈱長崎造船所

 

 

 

 

 

基本情報

住所 〒850-0934 長崎県長崎市小菅町5
電話番号 095-829-1314(長崎市観光推進課)
料金 入場料:無料
駐車場 なし
アクセス JR長崎駅前から長崎バス(野母半島方面〔戸町経由〕乗車)利用15分、小菅町下車、徒歩5分 
※駐車場はありませんので公共交通機関をご利用ください。    
ウェブサイト 関連サイトはこちら

SHARE

このスポットから近い観光スポット


周辺の長崎グルメセレクション認定店


We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.