【注目】ながさき旅ネットリニューアル記念!プレゼント付きアンケート実施中

長崎市南山手地区町並み保存センター (ナガサキシミナミヤマテチクマチナミホゾンセンタ-)

明治中期に英国人ウィルソン・ウォーカー氏が建造した洋館を移築復元しています。

  • 170views

長崎市南山手町並み保存センターは、英国人ウィルソン・ウォーカーが明治中期に建てた質の高い住宅です。
伝統的建造物にも指定されている、さまざまな変化を用いた洋風建物でデザインのひとつひとつがとても魅力的です。

センターの設置には、伝統的構造物群保存地区の歴史環境を守る思いや市民の町並みに対する認識と理解を深めてもらいたいという思いが込められています。

一階では、明治中期の南山手を再現した長崎居留地模型(500分の1)や居留地時代の古写真などの町並みに関する資料の展示が行われています。その他にも長崎が生んだ版画家田川憲氏の作品を常設展示していますので素敵な洋館でゆっくりとご覧いただくことができます。

二階では、パネルの展示のほかに洋館より身近なものとして感じていただくために研修室や会議室、ギャラリーとして開放しています。(※こちらは有料です)

基本情報

住所 〒850-0931 長崎県長崎市南山手町4-33
電話番号 095-824-5341
営業時間 9:00~17:00
休日 毎週月曜日(ただし祝日を除く)、12月29日~1月3日
料金 入館無料 研修室の利用は有料
アクセス JR長崎駅から路面電車(崇福寺行乗車、「新地中華街」電停乗換え、石橋行乗車)利用20分、「大浦天主堂」電停下車徒歩8分
ウェブサイト 関連サイトはこちら

SHARE

このスポットから近い観光スポット


周辺の長崎グルメセレクション認定店


We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.