旅のテーマ・エリア・キーワード・距離から探す 検索条件を開く
国指定重要文化財。本館・付属館・職員住宅をはじめ、門塀にいたるまで敷地全体にわたって往時の姿をよく保っています。

旧長崎英国領事館

エリア
長崎 
テーマ
史跡・文化財 博物館・美術館  
  • 国指定重要文化財。本館・付属館・職員住宅をはじめ、門塀にいたるまで敷地全体にわたって往時の姿をよく保っています。
安政5年(1858)諸外国との修好通商条約が結ばれた後、長崎は開港場として自由貿易を開始し、外交事務が始められました。この建物は大浦海岸に面する大浦6番の敷地に立つレンガ造り二階建ての領事館建築で、上海の英国技師ウイリアム・コーワンの設計に基づき、明治40年(1907)に長崎大浦町の後藤亀太郎が施工、明治41年(1908)に完成しました。
一階、二階とも正面と両側面にベランダを設け、二階ベランダにはイオニア式の複柱が立ち。また各隅部には丸窓が開き、アクセントとなっています。
また、明治後半期の洋風建築として、造形意匠の面からも、歴史的並びに景観上貴重であるばかりでなく、近代外交史の一端を示すものとして評価の高い建物です。
なお、同建物は平成5年より「野口彌太郎記念美術館」として故野口彌太郎画伯の作品を展示してきましたが、当該建物が建築後100年を経過し、老朽化が進み、保存修理の必要が生じたことから、現在は閉鎖中です。「野口彌太郎記念美術館」は長崎市平野町の平和会館1階(歴史民俗資料館の上)へ移転し、同所で開館いたしております。

住 所 〒850-0918 長崎県長崎市大浦町1-37
電話番号 095-829-1193 ((長崎市文化財課))
ホームページ 『旧長崎英国領事館』についてのホームページはこちらへ
交通アクセス JR長崎駅前から路面電車(正覚寺行乗車、築町乗換え、石橋行乗車)、大浦海岸通下車、徒歩2分

このスポットから近くの観光情報
このスポットを訪れた人はこのあたりにも行ってます
このページを見た人はこんなページも見ています