旅するあなたへ、とっておきの過ごし方を。長崎市の観光を楽しむにはこちら。[PR]

旧長崎英国領事館 (きゅうながさきえいこくりょうじかん)

国指定重要文化財。本館・付属館・職員住宅をはじめ、門塀にいたるまで敷地全体にわたって往時の姿をよく保っています。

  • 2452views

大浦海岸通りに面して建つ、どっしりとした赤レンガ造り2階建ての「旧長崎英国領事館」。上海の英国人技師ウィリアム・コーワンの設計に基づいて、1907年に長崎市大浦町の後藤亀太郎が施工し、翌年完成しました。

1858年、諸外国との修好通商条約が結ばれた後、長崎は開港場として自由貿易を開始し、外交事務が始められ、領事館を設置することになりました。長崎の英国領事館は数回移転しており、1886年から1906年まで現在地にあった建物を使用していましたが、老朽化のため解体し、翌年より現在の建物の工事が開始されたのです。

主屋は煉瓦造の2階建てで、1・2階ともに正面・両側面の3面にベランダを配置。両端の外壁にあけられた丸窓や、1階両側壁面やアーチ部分に花崗岩を入れてアクセントをつけるなど、正面性を意識したデザインがなされています。

建築当初からの本館・附属屋・職員住宅をはじめ、門・塀にいたるまで敷地全体にわたり、建築当時の状態をよく保っているとともに、設計図や仕様書なども残されています。明治後半期の洋風建築として、造形・意匠の面からも、歴史上・景観上貴重。加えて、近代日本外交史の一端を示す資料としても高い価値を持ち、1990年国の重要文化財に指定されました。

老朽化が進み、現在保存修理工事中のため2025年度(予定)まで閉館しています。

基本情報

住所 〒850-0918 長崎県長崎市大浦町1-37
電話番号 095-829-1193(長崎市文化財課)
営業時間 未定
休日 未定
料金 未定
駐車場 なし
アクセス 長崎駅前から「崇福寺」行で「新地中華街」乗換え「石橋」行で「大浦海岸通」下車、徒歩約3分
バスで「メディカルセンター」下車、徒歩約2分
ウェブサイト 長崎市公式サイト
トリップアドバイザー
この施設の文化財情報

SHARE

このスポットから近い観光スポット


周辺の長崎グルメセレクション認定店


当サイトでは、利便性の向上と利用状況の解析、広告配信のためにCookieを使用しています。サイトを閲覧いただく際には、Cookieの使用に同意いただく必要があります。詳細はクッキーポリシーをご確認ください。