旅するあなたへ、とっておきの過ごし方を。長崎市の観光を楽しむにはこちら。[PR]

東山手十二番館(旧居留地私学歴史資料館) (ひがしやまてじゅうにばんかん(きゅうきょりゅうちしがくれきししりょうかん))

居留地時代に建設された多くの私学に関する歴史的資料を展示している国指定重要文化財

  • 5244views

オランダ坂の上に建つクリーム色のオシャレな洋館、東山手十二番館は1868年に建設されたもので、東山手地区では現存する最古の遺構。外国人居留地を代表する洋風建築で、1988年国の重要文化財に指定されています。

当初はロシア領事館が置かれていましたが、その後アメリカ領事館やメソジスト派(婦人外国伝道協会)の宣教師などの住宅として使われました。長崎港の眺望を重視した幅広いベランダや正面中央の幅の広い廊下、ゆったりとした間取りの3つの部屋などに領事館当時の名残りを見ることができます。

1941年に学校法人活水学院に譲渡され、教室としても使われましたが、1976年に建物は長崎市に寄贈され、2005年「旧居留地私学歴史資料館」がオープン。私学とはキリスト教団体が異教徒の多い国に布教の目的で設立した学校(ミッションスクール)のことで、明治時代東山手地区には数多くのミッションスクールが建てられました。
資料館ではそのミッションスクールの歴史が紹介されているほか、宣教師が使用していた家具、食器棚などが展示されています。ベンチが多く設置されていますので、休憩しながらゆっくり洋館の雰囲気を楽しむのがオススメです。

基本情報

住所 〒850-0911 長崎県長崎市東山手町3-7
電話番号 095-827-2422
問い合わせ先 095-829-1152 長崎市観光政策課
営業時間 9:00~17:00
休日 12月29日~1月3日
料金 無料
駐車場 なし
アクセス 路面電車で「メディカルセンター」下車、徒歩約8分
バスで「メディカルセンター」下車、徒歩約6分
ウェブサイト 長崎市公式サイト
トリップアドバイザー
この施設の文化財情報

SHARE

このスポットから近い観光スポット


周辺の長崎グルメセレクション認定店


このスポットに行くモデルコース


当サイトでは、利便性の向上と利用状況の解析、広告配信のためにCookieを使用しています。サイトを閲覧いただく際には、Cookieの使用に同意いただく必要があります。詳細はクッキーポリシーをご確認ください。