食べて、めぐって、ポイント集めて応募しよう!

五島列島の小さなオアシス!小値賀へ絶景しま旅リトリート!

五島列島の小さなオアシス!小値賀へ絶景しま旅リトリート!-1

大小合わせて152の島々からなる長崎県の五島列島。その中でも17の島々からなる人口約2300人の小値賀(おぢか)町は、心と身体がゆっくり癒される絶景スポットがたくさん!島のほとんどが西海国立公園に指定されています。

今回は、小値賀へしま旅に出掛け、写真を撮りたくなる絶景スポットを紹介します。



ナガサキタビブ

青と白と緑のコントラスト!斑島の「ポットホール」

小値賀町のメインの島である小値賀島から橋で繋がっている斑島(まだらじま)。ここには天然記念物のポットホールと呼ばれる玉石が。天気のいい日は青い海をバックに白い鳥居がとっても映えます!鳥居近くにはテーブルとベンチがあるので、混んでいなければここでゆっくりピクニックランチもいいですね。

玉石は鳥居をくぐった先の岩場にあります。矢印があるのでたどって行きましょう。甌穴(おうけつ)の中にある玉石は竜の目のようにも見え、とても神秘的です。なんと大きさは世界で2位!波が高い日には危険で近付くことができません。岩場が険しく濡れている時もあるので、見学の際はすべらないように気を付けてくださいね。

島々を一望できる「斑島園地」

ポットホールのある斑島に行くなら絶好のビュースポットの斑島園地へもおすすめ。ここからは五島列島や西海の島々が眺められます。水平線に沈む夕陽も美しく、夕方に行くと昼間とはまた違った景色が楽しめます。オーシャンビューにサンセットビュー、青い空と青い海、緑に夕景に…。美しい景観に心が癒されます。

自然の造形美に圧倒!「五両ダキ」

小値賀島の北部にある五両ダキ。小値賀の人気海水浴場「柿の浜海水浴場」からも近く、歩いていくこともできます。火山でできた小値賀には火山口がいくつもあり、その一つがここに。何万年もの海蝕によってできた円形の崖と白い砂浜、緑色の海が美しい景観を作り出しています。溶岩でできた岩々も、草原もあり、座ってゆっくりと自然が織りなす造形美を堪能してみるのも◎

赤い砂浜の「赤浜海岸」

小値賀島の南東にある赤浜海岸。その名のごとく、砂浜が赤い海岸です。赤い砂浜は火山島の特有色なんだとか。五両ダキとともに小値賀が火山で出来た島ということがわかります。海水浴にはあまり適していませんが、この赤い海岸の景観は珍しいので、景色を楽しみにぜひ訪れてみてくださいね。

野崎島に繋がる神社「地ノ神島神社」

小値賀島の東側の海沿いに立つ地ノ神島(ちのこうじま)神社。ここには3本の鳥居が立っており、1本は階段を降りた海岸に。対岸にはほぼ無人島の野崎島が見えます。鳥居から海を隔てた向かいの野崎島には沖ノ神島(おきのこうじま)神社が立っており、この地ノ神島神社から分祀したと言われています。

早朝に行くと、海岸から野崎島と朝日がキレイに見えるので、朝日とともに神社に参拝しに行くのもいいかもしれませんね。

自然に還る島「野崎島の旧野首集落」

潜伏キリシタンの歴史と大自然が存分に体感できる野崎島。ほぼ無人島になったこの島には、約400頭もの野生の鹿が生息しています。アクセスは小値賀島からの町営船のみ。小値賀島から日帰りか、島内唯一の宿泊施設「野崎島自然学塾村」に泊まることもできます。

野崎島自然学塾村の周辺には野首海岸や旧野首教会があり、鹿たちもたくさん。他では見られない光景に心が揺さぶられます。お店も乗り物もない、手つかずの自然と集落の跡が残るこの島で、日常の喧騒から離れ、自然に還ってみませんか。
 

PickUp

野崎島を訪れるには事前連絡が必要です

日帰り・宿泊ともに7日前までに「おぢかアイランドツーリズム」へご予約ください。
野崎島はほぼ無人島のため、トイレ・休憩等利用できる場所は「自然学塾村」のみです。
旧野首教会見学のみの場合も「日帰り」のご予約(施設使用料1,000円)をお願いしております。

野崎島来島申込・お問い合わせ

今回訪れた場所

Google Mapの読み込みが1日の上限を超えた場合、正しく表示されない場合がございますので、ご了承ください

この記事を書いた人

MiyakMiyakoo
#ナガサキタビブ 部員(公式ライター)

長崎の魅力を県外や海外の方に知ってもらいたい!

長崎県大村市出身。インバウンドを得意とする旅のコンテンツクリエーター。海外・東京などでの生活を経て、2018年の暮れに長崎にUターン。その後、長崎の歴史や文化を学び直し、その魅力にはまる。個人のSNSやフリーランストラベルライターとしても複数メディアで長崎の魅力を発信中。

 

記事一覧はこちら

#この記事に関するタグ

SHARE

同じテーマの記事

九州で!?ウユニ塩湖のような写真が撮れる!松浦の大崎海水浴場へGO!-1

九州で!?ウユニ塩湖のような写真が撮れる!松浦の大崎海水浴場へGO!

「死ぬまでに見たい絶景」として有名なウユニ塩湖のような幻想的な写真が撮れる場所が、実は九州・長崎にあったんです!

長崎が舞台のアニメ「色づく世界の明日から」ロケ地めぐり-1

長崎が舞台のアニメ「色づく世界の明日から」ロケ地めぐり

この作品のロケ支援をした長崎県フィルムコミッションのスタッフと一緒に、聖地巡礼。今回は長崎市内の12ケ所をご紹介します。

長崎空港近く キラキラ輝く「ガラスの砂浜」-1

長崎空港近く キラキラ輝く「ガラスの砂浜」

子どもと一緒に歩きたい、波佐見さんぽのすすめ~今、注目のスポット、HIROPPA・ZOEに行ってみた!-1

子どもと一緒に歩きたい、波佐見さんぽのすすめ~今、注目のスポット、HIROPPA・ZOEに行ってみた!

訪れるたび、新しい発見や出会いがある。何度でも訪れたくなる。そんな波佐見町のホットなスポットをご案内。

インスタ映え間違いナシ!全国でも珍しい「可愛い過ぎるハートの銀杏の木」-1

インスタ映え間違いナシ!全国でも珍しい「可愛い過ぎるハートの銀杏の木」

諫早には珍しい「ハートの銀杏の木」があります♡この可愛らしいビジュアルを使って、オリジナルでキュートなバエ写真を撮ってみましょう!

五島名物「かんころ餅」その作り方から、焼きたてが食べられるお店、通販情報までをご紹介!-1

五島名物「かんころ餅」その作り方から、焼きたてが食べられるお店、通販情報までをご紹介!

表面はカリッ!!中はモチモチ 優しい甘さ。自他ともに認める「かんころ餅フリーク」の私がその魅力を語ります!

軍艦島ツアー体験記-1

軍艦島ツアー体験記

長崎市 紅葉の名所「迎仙閣」公開は年に2日間のみ!-1

長崎市 紅葉の名所「迎仙閣」公開は年に2日間のみ!

2021年の一般公開日が決定!! 11月27日(土)・28日(日)

長崎県内の絶景ブランコスポット9選!話題の映え写真を撮りに行こう!-1

長崎県内の絶景ブランコスポット9選!話題の映え写真を撮りに行こう!

最近の流行りは絶景と一緒に撮る「ブランコフォト」きれいな青い海や雄大な山々、かわいい花畑などの絶景スポットとブランコは相性抜群!

歴史の流れを感じる旅~片島公園「川棚魚雷発射試験場跡」-1

歴史の流れを感じる旅~片島公園「川棚魚雷発射試験場跡」

川棚町には、戦時遺構が各所に残っています。当時の面影をそのまま残した光景は、まるで時が止まったかのよう…

ランキング(1week)

#人気のタグ

テーマ

市町村

ライター紹介

ライター一覧
We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.