旅するあなたへ、とっておきの過ごし方を。長崎市の観光を楽しむにはこちら。[PR]

かもめの朝ごはん

かもめの朝ごはん-1


私の旅の楽しみのひとつは、朝ごはん。
ホテルで食べるのも良いけれど、少しだけ早起きして散歩したあとに、地元食材の朝ごはんをいただけるお店があると最高です。


「かもめの朝ごはん」は、壱岐島の海の玄関口「郷ノ浦(ごうのうら)港」にほど近い漁港に隣接したレストラン。
壱岐島で獲れた新鮮な食材を、朝は定食で、昼はバイキング形式でいただくことができます。
観光客だけでなく地元の人にも人気のお店なのだとか。

郷ノ浦港には漁船がずらり(こちらはイカ釣り漁船)。
漁業のまちを感じられるロケーションです。

「かもめの朝ごはん」は2019年3月オープン。
郷ノ浦漁協の元水産加工場だった建物がお洒落でカジュアルな食事処として生まれ変わりました。

お邪魔しま~す。

店内の客席から漁港が見えます。
毎朝6時からセリが行われ、威勢のよいかけ声が響くんですって。

 

地元でとれた旬の魚や野菜を使った「朝定食」を注文しました。
味噌汁の柔らかな香りが食欲をそそります。

新鮮な魚で作られた干物は、ふっくらしていてとても美味しい。

お刺身のキレイなこと!!
こんなふうに少しづつ地元の新鮮な食材を楽しめるのが嬉しいですね。

朝の提供メニューは、私がいただいた「朝定食(800円)」と「アジフライ定食(770円)」の2種。

 

昼はバイキングが人気

バイキング料金(すべて税込み)
大人 1,100円 / 小学生以下 700円 / 3歳以下 500円(大人1名につき3歳以下のお子様1名無料)

※バイキング以外に定食や丼ものもあります

 

地元のお母さんたちが壱岐島の新鮮な食材で作った家庭料理を、好きなだけいただくことができます。

揚げたての地魚のフライは、外はサクサク・中はふっくら!
いくらでも食べられそうな美味しさでしたよ!

地魚のフライを野菜と一緒に甘酢炒めにしたもの。

観光に来て、その土地の人が食べている「日常のご飯」をカジュアルにいただく。
有名な名物料理ももちろん食べたいけれど、
漁港でいただくカジュアルな食事も旅の楽しみのひとつです。

土日祝は朝7時から開いているので、
朝の便で壱岐に到着後に朝ごはん、または、
壱岐から帰る日に、朝ご飯を食べてから乗船するのにも便利そうですね。




【かもめの朝ごはん】

〒811-5135 長崎県壱岐市郷ノ浦町郷ノ浦405-6(郷ノ浦港近く)
電話番号:0920-47-4539
営業時間:土日祝7:00 ~ 9:30 / 11:00~14:00
月~金11:00~14:00
店休日:第2・第4水曜
駐車場:5~6台あり

※2022年8月現在 
最新の営業時間は店舗にご確認ください




【料金(すべて税込み)】

◆朝ごはん 
朝定食      800円
アジフライ定食  770円


◆昼ごはん バイキング
大人       1,100円
小学生以下     700円
3歳以下           500円
(大人1名につき3歳以下のお子様1名無料)


※昼はバイキングのほか、定食や丼もの等もございます 
 

PickUp

この記事を書いた人-1

この記事を書いた人

2005年から続く長崎県公式観光ブログ「GO!GO!ともっち」の3代目ブロガー。
県内をくまなく取材し、地元ならではの「旬」で「通」な観光情報を発信しています。
趣味は「旅」と「猫」と「路地裏散策」。
長崎市出身の所謂「じげもん」で、眼鏡橋付近で遊んで育ちました。
学生時代の専攻は日本史。博物館学芸員資格あり。

記事一覧はこちら

#この記事に関するタグ

SHARE

同じテーマの記事

長崎駅「長崎街道かもめ市場」を「じげもん(地元っ子)目線で詳しく」ご紹介【①食べ物系 長崎みやげ編】-1

長崎駅「長崎街道かもめ市場」を「じげもん(地元っ子)目線で詳しく」ご紹介【①食べ物系 長崎みやげ編】

第1弾は「食べ物系」。長崎駅にオープンした飲食・お土産など54店舗がずらりと並ぶ注目のスポットの魅力を、地元目線で詳しくご紹介!

新・長崎駅-1

新・長崎駅

グラバー園 夜間開園2022 ライトアップがリニューアル-1

グラバー園 夜間開園2022 ライトアップがリニューアル

長崎駅「長崎街道かもめ市場」を「じげもん(地元っ子)目線で詳しく」ご紹介【③飲食編】-1

長崎駅「長崎街道かもめ市場」を「じげもん(地元っ子)目線で詳しく」ご紹介【③飲食編】

第3弾は「飲食編」。地酒と料理が楽しめる長崎初の横丁ゾーン「かもめ横丁」&長崎グルメを味わえる「ご当地レストラン」を紹介します。

軍艦島ツアー体験記-1

軍艦島ツアー体験記

長崎駅「長崎街道かもめ市場」を「じげもん(地元っ子)目線で詳しく」ご紹介【②雑貨系長崎みやげ編】-1

長崎駅「長崎街道かもめ市場」を「じげもん(地元っ子)目線で詳しく」ご紹介【②雑貨系長崎みやげ編】

第2弾は「雑貨系長崎みやげ編」。西九州新幹線かもめグッズや波佐見焼、自分だけのオリジナル土産が作れるサービスなど、話題の新商品をご紹介します!

もののけ姫の世界?「岩戸神社」-1

もののけ姫の世界?「岩戸神社」

新・諫早駅~V・ファーレンロードを歩く!-1

新・諫早駅~V・ファーレンロードを歩く!

ピカピカの諫早駅をスタートしマップ片手に「V・ファーレンロード」をトランスコスモススタジアムまで歩きます。オフィシャルグッズショップ「V・PORT」、サポーターが営むお店で旬...

平戸にオープン!「海の見えるごはん屋」-1

平戸にオープン!「海の見えるごはん屋」

五島名物「かんころ餅」その作り方から、焼きたてが食べられるお店、通販情報までをご紹介!-1

五島名物「かんころ餅」その作り方から、焼きたてが食べられるお店、通販情報までをご紹介!

表面はカリッ!!中はモチモチ 優しい甘さ。自他ともに認める「かんころ餅フリーク」の私がその魅力を語ります!

ランキング(1week)

#人気のタグ

テーマ

市町村

ライター紹介

ライター一覧
当サイトでは、利便性の向上と利用状況の解析、広告配信のためにCookieを使用しています。サイトを閲覧いただく際には、Cookieの使用に同意いただく必要があります。詳細はクッキーポリシーをご確認ください。