島原鉄道で行く“しまばら満喫旅”

島原半島(雲仙・島原・南島原)
 
ご当地グルメを味わう
1泊2日
黄色のかわいい1両列車の島原鉄道の乗って、島原までのゆるり旅。
一日目は、気の向くまま、気になる駅では下車してちょっと散策。何かおもしろい発見があるかも。
2日目は多くの湧水スポットがある島原を散策。美味しい郷土料理をいただき、静寂な佇まいの四明荘や武家屋敷をぷらり歩いて歴史を感じてみては?
 
  • 【1日目】
    1
    諫早駅

    諫早駅から島原鉄道は出発!

    島原鉄道に乗車するには、まず諫早駅に。島原方面には10時台から16時台までは1時間毎に発車しています。
    急行と各駅停車がありますのよく確認して乗車しましょう。
    では、“島原ゆるり旅” 出発!

    島原鉄道運賃・時刻表はこちら

    \土日祝限定/
    島原鉄道の、鉄道、乗合バス、フェリーが乗り放題になるお得なフリーチケットもあります。
    詳しくはこちら

    • 住所:  長崎県諫早市永昌町1番1号
    • 電話番号:  0957-22-3458
  • 2
    愛野駅

    愛にあふれた“愛野駅”

    愛野町は“愛のまち”という事で、「日本ロマンチスト協会」の名誉本部になっている愛野駅がある愛野町。
    「愛野駅」と2つ先の「吾妻町」の乗車キップは、両駅の名前をくっつけると「愛しきわが妻」となり有名になりました。
    愛があふれる駅で、愛を確かめてみましょう♡

    • 住所:  〒854-0301長崎県雲仙市愛野町甲本町3873−3
    • 電話番号:  0957-36-0058
  • 3
    神代(鍋島邸前)駅

    歴史ある町並みを散策

    神代小路鍋島邸に行くならこの駅で下車。

    • 住所:  長崎県雲仙市国見町神代
  • 神代(鍋島邸前)駅より徒歩約5分

    重要伝統的建造物群保存地区。都市景観大賞「美しいまちなみ大賞」受賞。

    鍋島陣屋跡を中心とした神代小路地区は、静会に時が流れているよう。鍋島邸は平成26年春、保存修理工事が完了し内部も公開されるようになりました。
    2月上旬から3月上旬に、濃い薄紫の花をつける緋寒桜が春の訪れを知らせてくれます。 

    • 住所:  〒859-1303長崎県雲仙市国見町神代丙103番地1
    • 電話番号:  0957-61-7778
    • 営業時間:  10:00~17:00(但し、入場は16:30まで)
    • 休日:  ○毎週月曜日
      (月曜日が祝日の場合は開館し、その後の最も近い休日でない日が休館日となります)
      (例:月曜日が祝日の場合は翌日の火曜日。月・火曜日が祝日の場合は水曜日)
      ○12月27日から翌年1月5日まで
      ○その他都合により変更する場合があります。
  • 多比良駅:11時22分
    5
    多比良駅

    サッカー好きには外せない

    高校サッカーで有名な国見高校がある国見町。 国見町の至ところにサッカーボールのモチーフが。 中でも珍しいのがサッカーボールの形をした〈サッカーまんじゅう〉。この駅にのホームにもサッカーボールの碑が。

    • 住所:  長崎県雲仙市国見町多比良
  • 昼食:12時~
    6
    たいらガネ

    ガネとは??

    島原半島ではワタリガニのことを「ガネ」と呼びます。濃厚な風味が特徴で、塩茹でいただくのがポピュラーです。せっかくなので昼食は「ガネ」を頂きます!

    • 住所:  長崎県雲仙市国見町
  • 7
    大三東駅(おおみさきえき)

    ホームの後ろが海~っ!!

    有明海を望むこの駅は"日本一海に近い駅”といわれ、ドラマなどのロケ地にもなりました。
    ホームの後ろに広がる海は、日によって違う表情を見せてくれます。
    有明海の美しい景色と幸せの黄色いハンカチを背景に記念撮影を行ったり、開放的なこのホームでしばらく海を眺めましょう。

    • 住所:  長崎県雲仙市有明町大三東
  • 8
    島原船津駅

    島原船津駅に到着

    1913年(大正2年)に建てられた木造2階建ての初代駅舎は老朽化のため、2015年(平成27年)に建て替えられたのが現在の駅舎。 

    • 住所:  〒855-0814長崎県島原市津町409−1
    • 電話番号:  0957-62-4706
  • 徒歩約10分

    現役の生活湧水スポット

    島原船津駅からも近い〈浜の川湧水〉は、現在も地元の方の洗い場として利用され、4つの区画に分けられており洗物などの順番が決められています。
    住宅街にこのような生活に根付いた湧水場があるのも島原ならでは。

    • 住所:  〒855-0807島原市白土桃山2丁目1097
    • 電話番号:  0957-63-1111
  • 浜の川湧水そば
    10
    銀水

    島原名物かんざらし

    浜の川湧水のすぐそばにある「銀水」
    日本名水百選に選定されている「浜の川湧水」をふんだんに使っており上品な甘さと喉越しのよさが人気。
    初めて食べても何か懐かしい味の島原スイーツです。昔から地元の人々に愛され、数多くの著名人も通った名店です。
    店内の昔懐かしい雰囲気とあわせて、島原名物かんざらしをぜひご賞味ください。

    • 住所:  〒855-0811長崎県島原市白土桃山二丁目1093
    • 電話番号:  0957-63-4610
    • 営業時間:  10:00~17:00
    • 休日:  年中無休
  • 徒歩約15分
    11
    龍馬長崎初上陸の地

    龍馬は島原から長崎へ入った!?

    元治元年2月22日あさ、勝海舟と共にこの地に上陸されたといわれる坂本龍馬。どのような気持ちでこの地に足を踏み入れたのでしょう。 

    • 住所:  長崎県島原市港新地町451番地
  • 12
    島原港駅

    島原鉄道終点に到着!

    始発の諫早駅より24駅目の島原港駅が島原鉄道の終点です。ここから徒歩約5分の島原外港からは熊本までの船が就航しています。
    島原港敷地内にある足湯でほっと一息。一日お疲れさまでした。今日は島原の宿でゆっくり温泉を楽しんで。

    島原市内の宿泊施設検索はこちら

    • 住所:  〒855-0861長崎県島原市下川尻町7922-14
  • 【2日目】
    13
    島原駅

    2日目は島原駅からスタート

    二日目の島原の旅は、島原駅からスタート。まず駅に降り立つと目の前に「島原の子守唄」の銅像と島原城が。
    まずは島原城へ歩いて行きましょう。

    • 住所:  長崎県島原市片町586−1
    • 電話番号:  0957-62-4705
  • 徒歩約10分

    まずは島原城へ

    島原城天主閣には、キリシタン史料や郷土資料、民俗資料などを展示しております。
    春は梅や桜を、7月上旬から8月上旬の夏の季節は蓮の花を楽しむ事ができます。
    天主閣にはキリシタン史料や郷土資料、民俗資料などを展示しております。

    • 住所:  〒855-0036長崎県島原市城内1丁目1183-1
    • 電話番号:  0957-62-4766
    • 営業時間:  9:00~17:30
    • 休日:  12月29日、12月30日
  • 徒歩約10分

    通りの真ん中に水路。風情ある通りです

    この通りの中央に流れ水路が風情を醸しだしています。無料開放されている3軒の武家屋敷(山本邸、篠塚邸、鳥田邸)にはお武家さまが・・・

    • 住所:  〒855-0052長崎県島原市下の丁
    • 電話番号:  0957-63-1087
    • 営業時間:  武家屋敷 9:00~17:00
      武家屋敷売店 9:00~17:30
    • 休日:  12月29日~30日
  • 徒歩約15分

    レトロな街並み森岳商店街を歩いてみよう

    古い町家風の建物が建ち並ぶ森岳商店街には、個性的なお店が並びます。
    その昔理髪店だった建物をそのままオシャレなカフェに。
    趣きあるお店にふらりと立ち寄ってお宝を探してみては。

    • 住所:  〒855-0045長崎県島原市上の町888-2
    • 電話番号:  0957-64-6057
    • 営業時間:  10:30~19:00
      (月曜のみ~17:00)
    • 休日:  木曜日(祝日を除く)
  • 徒歩約10分
    17
    白土湖

    一夜でできた大きな湖

    1792年眉山の噴火で一夜でできた白土湖。島原の湧水群の中でも大きな湖です。
    湖底からは約4万トンの水が今も湧き出ています。
    ここから歩いて約5分のとこにある江東寺には、全長約9m高さ約2mのねはん像が蓮を枕に横たわっています。何だか癒されます。

    • 住所:  長崎県島原市白土町
  • 徒歩約10分
    18
    水頭の井戸

    湧水かけると長生きできる?

    地元住民からも愛されている「水頭井戸」。ここも豊富な湧水が湧き出ています。
    この井戸横にいる亀の石像に湧水をかけると長生きできるとか。

    • 住所:  長崎県島原市中堀町
  • 徒歩約5分
    19
    島原名物「具雑煮」

    島原名物“具雑煮”

    島原の海の幸山の幸が十数種入った雑煮で地元の人から昔から浸しまれている郷土料理。
    今回は、なんだか懐かしい感じがする「銀座食堂」へ。ほか「姫松屋」などでもいただけます。

    • 住所:  長崎県島原市中堀町39-1
    • 電話番号:  0957-62-4070
  • 徒歩約10分

    豊かな湧水を利用して造られた独特の風致景観から成る近代の住宅庭園

    明治後期に別邸(宅地187.8坪、木造瓦葺約40坪)として建築され、四方の眺望に優れていることから「四明荘」と名付けられました。
    1日約1,000トンの湧水量を誇る池には色とりどりの鯉が泳ぎ、庭内には赤松や楓など様々な植栽が施されており、見るものすべてを魅了します。
    座敷は正面と左側面の二方が池へ張り出して縁を廻しており、一段高い屋敷から庭園を見下ろすと座敷と庭園が一体となり、ここでしか見られない独特の美しい景観が広がります。


    • 住所:  〒855-0000長崎県島原市新町2-125
    • 電話番号:  0957-63-1121
    • 営業時間:  9:00~18:00
  • 徒歩すぐ

    かんざらし作り体験ができます

    島原の湧水スポットである鯉の泳ぐまちの中になる無料の休憩所です。
    湧水のせせらぎを聞きながらリラックス出来る、癒しのスペースとなっております。

    また、島原名物「かんざらし」手作り体験を随時受付けています。
    約30分程度でおいしいかんざらしができますので、ぜひ体験してみてください。

    ●かんざらし手作り体験
    料金:500円/1名
    時間:10時/11時/13時/14時/15時/16時
    所用時間:30分程度
    体験受け入れ人数:1~5名(6名以上は事前にご相談下さい)

    • 住所:  〒855-0000長崎県島原市新町2-122
    • 電話番号:  0957-62-8102
    • 営業時間:  9:00~17:00
  • 徒歩すぐ

    色鮮やかな錦鯉が出迎えてくれる

    街の水路に色鮮やかな錦鯉が泳ぐまち。 湧き水豊富な島原だからこその風景です。地域の方によって美しく保たれていますので、静かに見学しましょう。

    • 住所:  〒855-0803長崎県島原市新町2丁目
    • 電話番号:  0957-63-1111
  • 徒歩約10分

    地元の人から愛されている温泉

    島原市街地の中心地にある「ゆとろぎの湯」は地元の人のふれあいの場でもあります。
    源泉掛け流しの大浴場からさまざまなタイプの湯舟を楽しむ事ができます。
    施設敷地内には「ゆとろぎの足湯」もあり24時間利用でき、いこいの場となっています。

    • 住所:  〒855-0805長崎県島原市堀町171-3
    • 電話番号:  0957- 63-1126
    • 営業時間:  10:00~21:00
      (受付は20:30まで)
    • 休日:  毎週水曜日
  • 徒歩約10分
    24
    島原駅

    島原駅から帰路につきます

    ゆとろぎの湯から徒歩10分で島原駅に到着。ここから諫早駅まで帰ります。 

    島原鉄道運賃・時刻表はこちら

    • 住所:  長崎県島原市片町586−1
    • 電話番号:  0957-62-4705
  • 38
モデルコースを選ぶ
閉じる 閉じる