旅するあなたへ、とっておきの過ごし方を。長崎市の観光を楽しむにはこちら。[PR]

2泊3日のんびり長崎旅 長崎の歴史と温泉をめぐる

2泊3日のんびり長崎旅 長崎の歴史と温泉をめぐる-1

明治日本の産業革命や幕末の開国時代の歴史を感じることのできる長崎。歴史深いだけでなく、実は有名な温泉処もたくさんあります。

  • 所要時間:2泊3日
  • 交通手段:1日目:船・徒歩・車、2日目:車、3日目:車
  • 印刷する

START

【1日目】長崎市内
まずは軍艦島へ(長崎港から軍艦島上陸ツアー船に乗船し約40分)

【1日目】軍艦島

明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業
【1日目】軍艦島-1

世界遺産「軍艦島」。小さな海底炭坑の島は、岸壁が島全体を囲い、高層鉄筋コンクリートが立ち並ぶその外観が軍艦「土佐」に似ているところから「軍艦島」と呼ばれるようになりました。
現在は無人の島ですが、炭鉱産業が盛んだった1960年には、約5300人もの島民が。上陸クルーズは大人気。

住所 〒851-1315 長崎県長崎市高島町端島
電話番号 095-822-8888(長崎市コールセンターあじさいコール)

【1日目】出島ワーフ

海を目前に絶好のロケーションでランチ
【1日目】出島ワーフ-1

和食、洋食、中華料理やイタリアンの飲食店をはじめ、美容室、アウトドアショップなど個性豊かなショップが並んでいます。地元長崎の新鮮な海鮮物を食べることができるお店があるのも魅力のひとつ。また、水際を楽しむ憩いの空間となっており、美しい景色を眺めながらテラスで美味しい食事を楽しむこともできます。

  • 住所 〒850-0862 長崎県長崎市出島町1-1-109
    電話番号 095-828-3939
    営業時間 詳細につきましては各店舗に直接お問い合わせください
    休日 詳細につきましては各店舗に直接お問い合わせください
  • 詳細ページへ
住所 〒850-0862 長崎県長崎市出島町1-1-109
電話番号 095-828-3939
営業時間 詳細につきましては各店舗に直接お問い合わせください
休日 詳細につきましては各店舗に直接お問い合わせください

【1日目】出島

約130年ぶりに出島に橋が架かる!
【1日目】出島-1

鎖国時代の約200年間、日本で唯一西洋に開かれていた貿易の窓口でした。復元が進められており、2017年11月出島表門橋が架けられ、当時のように表門橋から出島へ入場することができるようになりました。

住所 〒850-0862 長崎県長崎市出島町6-1
電話番号 095-821-7200
営業時間 通常8:00~21:00 ※最終入場20分前まで
休日 年中無休

【1日目】眼鏡橋

日本最古のアーチ型石橋
【1日目】眼鏡橋-1

国の重要文化財に指定されている「眼鏡橋」。1634年、興福寺の黙子如定禅師によって架設されました。『日本橋』『錦帯橋』と並び日本三名橋に数えられています。

住所 長崎県長崎市魚の町と諏訪町の間
電話番号 095-829-1193(長崎市文化観光部文化財課)

【1日目】大浦天主堂

世界の宗教史上に残る劇的な「信徒発見」の舞台
【1日目】大浦天主堂-1

幕末の開国に伴って造成された長崎居留地に、在留外国人のために建設された中世ヨーロッパ建築を代表するゴシック調の教会。現存するものでは国内最古。1865年、浦上の潜伏キリシタンが訪れ、信仰を告白したことにより、世界の宗教史上にも類を見ない「信徒発見」の舞台となりました。

住所 〒850-0931 長崎県長崎市南山手町5-3
電話番号 095-823-2628(大浦天主堂)
営業時間 8:30~18:00(最終入館17:30)

【1日目】稲佐山

稲佐山からの夜景は息を飲む美しさ
【1日目】稲佐山-1

「世界新三大夜景」に選ばれた長崎の夜景を鑑賞できる大変人気のスポットです。稲佐山から眺める夜景は「1,000万ドルの夜景」と称されるほど。

  • 住所 長崎県長崎市稲佐町
    電話番号 095-861-7742(稲佐山公園管理事務所)
    営業時間 ・ロープウェイ・スロープカー/9:00~22:00
    ・展望台/9:00~22:00(屋上展望所は24時間開放)
    ※ロープウェイ・スロープカーの営業終了時間に閉鎖されます。
    休日 ロープウェイ及びスロープカーは点検や悪天候で運休の場合があります。詳細は公式ホームページでご確認ください。
  • 詳細ページへ
住所 長崎県長崎市稲佐町
電話番号 095-861-7742(稲佐山公園管理事務所)
営業時間 ・ロープウェイ・スロープカー/9:00~22:00
・展望台/9:00~22:00(屋上展望所は24時間開放)
※ロープウェイ・スロープカーの営業終了時間に閉鎖されます。
休日 ロープウェイ及びスロープカーは点検や悪天候で運休の場合があります。詳細は公式ホームページでご確認ください。

【1日目】稲佐山山頂展望台ひかりのレストラン

1,000万ドルの夜景を眺めながらディナーを堪能
【1日目】稲佐山山頂展望台ひかりのレストラン-1

ガラス張りの室内で、夜景を前に長崎ならではのお食事メニューを楽しむことができます。
夜景を見ながらいただくお食事は特別な時間になること間違いなし!

  • 住所 長崎県長崎市稲佐町
    電話番号 095-822-8888
    営業時間 展望塔:8:00~22:00
    ※長崎ロープウェイの営業終了時間に閉鎖されます。(屋上展望所は24時間開放) 
    稲佐山展望駐車場 24時間営業
    長崎ロープウェイ 営業時間:9:00~22:00
住所 長崎県長崎市稲佐町
電話番号 095-822-8888
営業時間 展望塔:8:00~22:00
※長崎ロープウェイの営業終了時間に閉鎖されます。(屋上展望所は24時間開放) 
稲佐山展望駐車場 24時間営業
長崎ロープウェイ 営業時間:9:00~22:00

1日目宿泊
【2日目】小浜・雲仙

【2日目】小浜歴史資料館

慶長19年から代々湯太夫を務めた本多氏の邸宅
【2日目】小浜歴史資料館-1

小浜温泉の発展に大きな功績を残した本多湯太夫を中心に、小浜温泉の歴史を紹介しています。

  • 住所 〒854-0514 長崎県雲仙市小浜町北本町923-1
    電話番号 0957-75-0858
    営業時間 4月~10月/9:00~18:00
    11月~3月/9:00~17:00
    休日 火曜(火曜日が祝日なら翌平日)、年末・年始(12月28日~1月4日)
    ※メンテナンス日がありますので詳細については直接お問い合わせください。
  • 詳細ページへ
住所 〒854-0514 長崎県雲仙市小浜町北本町923-1
電話番号 0957-75-0858
営業時間 4月~10月/9:00~18:00
11月~3月/9:00~17:00
休日 火曜(火曜日が祝日なら翌平日)、年末・年始(12月28日~1月4日)
※メンテナンス日がありますので詳細については直接お問い合わせください。

【2日目】小浜温泉足湯 ほっとふっと105

日本一長い105mの足湯!
【2日目】小浜温泉足湯 ほっとふっと105-1

小浜温泉100%の足湯。小浜温泉の源泉温度105度にちなみ日本一長い全長105m!腰掛け足湯のほか、ウォーキング足湯、ペット足湯もあります。

  • 住所 長崎県雲仙市小浜町北本町905-70
    電話番号 0957-74-2672(小浜温泉観光案内所)
    営業時間 【4月~10月】 10:00~19:00(蒸し釜 最終受付18:00、終了18:30分)
    【11月~3月】 10:00~18:00(蒸し釜 最終受付17:00、終了17:30分)
    休日 毎月第3水曜日、1月4日、5日
    その他荒天時、源泉清掃日など
  • 詳細ページへ
住所 長崎県雲仙市小浜町北本町905-70
電話番号 0957-74-2672(小浜温泉観光案内所)
営業時間 【4月~10月】 10:00~19:00(蒸し釜 最終受付18:00、終了18:30分)
【11月~3月】 10:00~18:00(蒸し釜 最終受付17:00、終了17:30分)
休日 毎月第3水曜日、1月4日、5日
その他荒天時、源泉清掃日など

【2日目】小浜ちゃんぽん

ランチは小浜温泉名物の小浜ちゃんぽんを
【2日目】小浜ちゃんぽん-1

豚骨や鶏ガラをベースに、特産のカタクチイワシでだしを取ったまろやかなスープは絶品です。

【2日目】雲仙ビードロ美術館

アンティークガラスの美術館ではガラス作りの体験も
【2日目】雲仙ビードロ美術館-1

18世紀から19世紀のアンティークガラスをはじめ、オイルランプや長崎びいどろなど150点が展示されています。ガラス作り体験もできますよ。

  • 住所 〒854-0621 長崎県雲仙市小浜町雲仙320番地
    電話番号 0957-73-3133
    営業時間 9:30~17:30
    休日 水曜定休(コロナ下で臨時休館あり。詳細は公式サイトをご確認ください。)
  • 詳細ページへ
住所 〒854-0621 長崎県雲仙市小浜町雲仙320番地
電話番号 0957-73-3133
営業時間 9:30~17:30
休日 水曜定休(コロナ下で臨時休館あり。詳細は公式サイトをご確認ください。)

【2日目】かせやcafe

人気のベーカリーカフェでひとやすみ
【2日目】かせやcafe-1

散策や体験で小腹が空いたら、人気のベーカリーカフェで一息。

住所 〒854-0621長崎県雲仙市小浜町雲仙315
電話番号 0957-73-3321

【2日目】おしどりの池

ウォーキングしながら自然を堪能
【2日目】おしどりの池-1

周囲2.7kmの人工湖。池の周辺は遊歩道になっているためウォーキングを楽しむのにおすすめ。 

【2日目】雲仙温泉

大自然に囲まれた温泉宿でゆったり
【2日目】雲仙温泉-1

雲仙の大地がもたらす乳白色のにごり湯は、神経痛、リウマチ、肩こり、疲労など様々な効能があり、旅の疲れを癒すにはもってこいです。 

【2日目】雲仙地獄のナイトツアー

昼間とはまったく違う表情を見せる、夜の雲仙地獄
【2日目】雲仙地獄のナイトツアー-1

雲仙地獄のナイトツアー。約1キロの行程を雲仙地獄を知り尽くしたガイドと一緒に巡ります。暗闇の中ライトを持って進んで行くと、昼間は気づかない「音」が聞こえて…。参加した人だけが地獄の秘密を知ることができるかもしれません!

住所 長崎県雲仙市
電話番号 0957-73-3434(雲仙観光局)

2日目宿泊
【3日目】島原

【3日目】島原城

観光島原のシンボル島原城
【3日目】島原城-1

1964年に復興された五層の天守閣をはじめ、3か所に三層櫓を配し、安土桃山様式の壮麗な面影を残しています。天守閣はキリシタン資料館として島原の乱にまつわる数多くの史料を展示しています。

住所 〒855-0036 長崎県島原市城内1丁目1183-1
電話番号 0957-62-4766(株式会社島原観光ビューロー(島原城))
営業時間 9:00~17:30
休日 年中無休

【3日目】武家屋敷

当時の武家生活の様子を偲ぶ
【3日目】武家屋敷-1

延長406.8m、幅長5.6mもの町並みが現在のそのままの姿で保存されており、山本邸、篠塚邸、鳥田邸の3軒が一般に無料開放されています。

住所 〒855-0052 長崎県島原市下の丁
営業時間 9:00~17:00

【3日目】姫松屋 本店

島原名物「具雑煮」を食す!
【3日目】姫松屋 本店-1

「具雑煮」は鶏肉、アナゴ、レンコン、ゴボウ、椎茸、卵焼きなど十数種もの具材が入った、優しい味の島原の郷土料理。 ランチにぜひご堪能ください。

住所 〒855-0036 長崎県島原市城内1丁目1208-3
電話番号 0957-63-7272
営業時間 11:00~19:00(ラストオーダー18:00まで)
休日 第2火曜日(変更の場合あり)

【3日目】青い理髪館

大正12年に建てられた西洋建築
【3日目】青い理髪館-1

元々は理髪店でしたが、現在は喫茶店・ギャラリーとして島原城周辺の散策の拠点となっています。

住所 〒855-0045 長崎県島原市上の町888-2
電話番号 0957-64-6057
営業時間 10:30~19:00(月曜のみ~17:00)
休日 木曜日(祝日を除く)

【3日目】湧水庭園 四明荘

独特の風致景観から成る近代の住宅庭園
【3日目】湧水庭園 四明荘-1

明治後期に建築され、四方の眺望に優れていることから「四明荘」と名付けられました。豊かな湧水を利用して造られ、池には色とりどりの鯉が泳ぎ、庭内には赤松や楓など様々な植栽が施されており、見るものすべてを魅了します。

住所 〒855-0000 長崎県島原市新町二丁目
電話番号 0957-63-1121
営業時間 9:00~18:00

【3日目】銀水

上品な甘さと喉越しのよさが人気!島原のおやつ「かんざらし」
【3日目】銀水-1

島原の冷たい湧水で適度に冷やした白玉に砂糖・蜂蜜等を使用したシロップをかけて食べる島原の素朴なおやつ「かんざらし」。店内の昔懐かしい雰囲気とあわせて、島原名物かんざらしを味わってみてください。

住所 〒855-0811 長崎県島原市白土桃山二丁目1093
電話番号 0957-63-4610
営業時間 10:00~17:00
休日 年中無休

【3日目】道の駅「みずなし本陣」

日本最大規模の「道の駅」

火山災害の驚異を後世へ残し伝えるために、普賢岳災害で被災した家屋をそのままにした土石流被災家屋保存公園を併設。
地元の新鮮素材が楽しめる食事処やおみやげ屋も充実しています。

【3日目】島原温泉ゆとろぎの湯

やっぱり旅の終わりは温泉で
【3日目】島原温泉ゆとろぎの湯-1

島原温泉は肌に優しく、特に切り傷、火傷、慢性皮膚病に効果があります。施設敷地内には「ゆとろぎの足湯」もあり24時間利用でき、いこいの場となっています。

住所 〒855-0805 長崎県島原市堀町171番地3
電話番号 0957-63-1126
営業時間 10:00~21:00(受付は20:30まで)
休日 毎週水曜日

イルカウォッチング

さらに時間に余裕がある方には
イルカウォッチング-1

島原半島と天草の間の海域には、約300頭の野生イルカが生息しており、船上から鑑賞するクルーズは、大人にも子どもにも大人気です。
年間を通して、見ることができます。季節やタイミングがよければ、赤ちゃんイルカやジャンプする姿を見れるかも!?

FINISH

Google Mapの読み込みが1日の上限を超えた場合、正しく表示されない場合がございますので、ご了承ください

その他のモデルコース

SHARE

当サイトでは、利便性の向上と利用状況の解析、広告配信のためにCookieを使用しています。サイトを閲覧いただく際には、Cookieの使用に同意いただく必要があります。詳細はクッキーポリシーをご確認ください。