五官の墓 (ゴカンノハカ)

市指定史跡

  • 14views

この墓は、續室浄連居士(林氏五官呉公)1637年6月19日没の墓です。
「菩提寺世代伝」の三代一翁芳純の伝によると芳純(1597~1647在住)は長崎に渡来した唐人を教化し、その寄進を得て諸堂を造立したとあります。

明人の五官呉公は明の喜宗帝(1621 ~27) 手製の十六羅漢刺繍の九条の袈裟を喜捨し、現在の墓地付近の土地を買い、没後祠堂料として、この土地を寄付しました。
この辺りをかつて唐人町と呼んでいたそうです。
この墓は、一般的に五官の墓と呼ばれていますが、華南系の墓地の様式をよく遺しています。

基本情報

住所 〒851-0301 長崎県長崎市深堀町5丁目401番地 菩提寺そば
電話番号 095-829-1193(長崎市文化財課)
アクセス JR長崎駅からバス(深堀及び香焼行)乗車40分、深堀下車徒歩10分。     
ウェブサイト 関連サイトはこちら

SHARE

このスポットから近い観光スポット


周辺の長崎グルメセレクション認定店


We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.