長崎台場跡魚見岳台場跡 (ナガサキダイバアトウオミダケダイバアト)

長崎港を見渡せる最高のロケーション、国指定史跡

  • 505views

鎖国令後長崎港防衛のため、まず寛永18年(1641)港口に西泊・戸町両番所が置かれ石火矢台が設けられました。

承応3年(1654)には港内の大多越・女神、港口の神崎港・外の白崎・高鉾・長刀岩・陰尾の計7カ所に台場が築かれ、後にこれは古台場と呼ばれるようになります。
次いで文化5年(1808)すずれ等に新たな台場が設けられ、新台場と呼ばれました。

さらに2年後の文化7年,神崎・魚見岳等に増設され、これを増台場と呼びました。
ここ魚見岳は台場跡・火薬庫石倉等の遺構が良く残されており、当時をしのぶことができ、史跡として極めて貴重です。

基本情報

住所 〒850-0952 長崎県長崎市戸町5丁目
電話番号 095-829-1193(長崎市文化財課)
アクセス JR長崎駅からバス(野母半島方面〔戸町経由〕乗車)利用30分、女神下車、徒歩10分     
ウェブサイト 関連サイトはこちら

SHARE

このスポットから近い観光スポット


周辺の長崎グルメセレクション認定店


We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.