このページは共通メニューを読み飛ばして直接本文をご覧になることができます。直接本文をご覧になるかたは「本文へ」をクリックしてください。
本文へ


HOME教会めぐり長崎エリア > 旧出津救助院

教会めぐり

旧出津救助院(キュウシツキュウジョイン)

●世界遺産候補[39852] ●国指定重要文化財

旧出津救助院

旧出津救助院

旧出津救助院


マイスケジュールに登録する

ド・ロ神父が女性の自立支援のための作業場として1883(明治16)年
に建て、織物、縫物、素麺などの食品加工などをおこなった施設

○授産場
救助院の中心施設的建物で、明治16年(1883)に建設された。
木造2階建てで、1階は作業場、2階は修道女の生活の場などに
使用されていた。
1階外壁には目地に赤土を混ぜた漆喰を使用した、
通称「ド・ロ壁」と呼ばれる石積みが用いられている。

○マカロニ工場
授産場の東側の道沿いにある煉瓦造り、
切妻(きりづま)造、桟瓦(さんがわら)葺の建物で、
マカロニ製造を目的として建てられたといわれる。
隣接して、通称「ド・ロ壁」の石積壁がある。

○鰯網工場 明治18年(1885)建設の木骨煉瓦造り、
平屋建の建物で、婦女子の副業として当時盛んであった
鰯網の工場として建てられた。
その後、工場は廃止され保育施設として利用されたが、
現在はド・ロ神父記念館として活用されている。

平成19年に始まった保存修理工事を終え、
ド・ロ神父と当時の人々の仕事を体験できる場となりました。
布教・生活向上の拠点として、様々な活動を行われた場所です。

来て、見て、体験して、ド・ロ神父の精神に触れてみてください。

所在地 851-2322 長崎県長崎市西出津町2696番地1
休日 月曜日(祝日の場合は翌日)
12月29日~1月6日
交通アクセス
長崎駅前バス停から長崎バス「板の浦」行きに乗り、出津文化村前バス停まで約70分、徒歩5分
地図を見る
ホームページ 『旧出津救助院』についてのホームページはこちらへ
エリア リンク [長崎エリア]

※掲載されている画像の著作権は、長崎県観光連盟にあります。そのため本ページに掲載されている画像は、無断で転載、複製、販売、貸与などの利用をすることはできません。
※教会は信者の皆さんにとって大切な祈りの場です。
見学の際は教会でのマナーをよく守り、お互いが気持ちよく過ごせるように心がけましょう。

■ながさき巡礼についてのお問い合せ

長崎巡礼センター [住所]長崎市出島町1-1-205 出島ワーフ2階 [TEL]095-893-8763

ページトップへ