占勝閣(せんしょうかく)【非公開施設】

センショウカク
  • 日本人設計の西洋近代建築
  • 日本人設計の西洋近代建築
  • 長崎
  • 史跡・文化財
  • 世界遺産
日本人設計の西洋近代建築
1903年に長崎造船所長の荘田平五郎の邸宅として着工、翌年に完成しました。1905年、軍艦千代田の艦長東伏見宮依仁親王殿下が宿泊された後に「風光景勝を占める」という意味で占勝閣と命名されました。洋風木造2階建(地下は煉瓦造)で2階に寝室やホールなど、1階に食堂、応接室、書斎などがあり、地下には厨房を備えています。
創建当時の状態を保つべく、三菱が維持管理を行っています。

基本情報

住所 長崎県長崎市
ホームページ 『占勝閣(せんしょうかく)【非公開施設】』についてのホームページはこちらへ
交通アクセス ※非公開施設
  • 10
観光スポットを選ぶ
閉じる 閉じる