旅のテーマ・エリア・キーワード・距離から探す 検索条件を閉じる
現在の検索条件
  • 島原半島ジオパーク
  • 島原・雲仙・小浜
19件ありました
雲仙地獄
95

雲仙地獄

エリア
島原・雲仙・小浜
テーマ
景勝地 島原半島ジオパーク  

雲仙温泉を代表する観光名所。雲仙地獄を五感で楽しむことができる。

雲仙温泉を代表する観光名所・地獄温泉。 硫黄の香りが立ち込め、地の底から吹き出す蒸気と熱気が辺り一面を覆い尽くす光景は、まさに地獄そのもの。ここはキリシタン殉教の舞台になったところでも知られ、殉職碑も建てられています。 大叫喚地…

雲仙普賢岳
19

雲仙普賢岳

エリア
島原・雲仙・小浜
テーマ
島原半島ジオパーク  

360度見渡せる大パノラマ

雲仙岳の主峰の一つで、日本一新しい山「平成新山」が間近で見ることができます。四季折々、山の姿を変化させますが、秋の紅葉の時期は特に見事です。

仁田峠
56

仁田峠

エリア
島原・雲仙・小浜
テーマ
景勝地 島原半島ジオパーク  

四季を通じて雲仙の自然が楽しめる

春には峠にツツジが咲誇り、夏の緑、秋の紅葉、冬の霧氷と四季を通じて雲仙観光のメッカとなっている。仁田峠から妙見山頂へロープウェイが運行し、仁田、妙見の展望ラインをなしている。 峠へは全長11.3キロメートルのスカイラインが通…

雲仙岳災害記念館「がまだすドーム」
75

雲仙岳災害記念館「がまだすドーム」

エリア
島原・雲仙・小浜
テーマ
博物館・美術館 文化・工芸 島原半島ジオパーク  

見て触れてリアルに体感する日本唯一の「火山体験ミュージアム」

1990年11月より約5年間にもおよぶ雲仙普賢岳の噴火。この地で何が起き、人々はどのように乗り越えてきたか。 自然の驚異と災害の教訓を風化させることなく後世へ残しながら、火山や防災、ジオパークまで、幅広く学ぶことができる「…

雲仙温泉
76

雲仙温泉

エリア
島原・雲仙・小浜
テーマ
温泉 島原半島ジオパーク  

雲仙は、早くからヨーロッパにも名を知られた国際観光地です。昭和9年には、わが国で最初の国立公園に指定されました。

雲仙の豊かで多彩な自然は季節を問わず、訪れる人を魅し続けています。とりわけ妙見岳から野岳に至る仁田峠からの眺望は圧巻。 春はツツジ、夏は緑、秋は紅葉、冬は霧氷と、雄大な山々が四季それぞれの姿を見せます。 雲仙温泉郷は、この素晴らしいやま…

平成新山
25

平成新山

エリア
島原・雲仙・小浜
テーマ
景勝地 島原半島ジオパーク  

日本で一番新しい山『平成新山』

平成3年5月20日初めての溶岩ドームが出現して以来、実に13の溶岩ドームが誕生しました。ドームは成長とともに幾度かの崩落を繰り返し、その崩落の際に引き起こされたのが火砕流で、尊い人命がたくさん奪われました。しかし現在、噴火活動はようやく…

雲仙地獄茶屋
21

雲仙地獄茶屋

エリア
島原・雲仙・小浜
テーマ
島原半島ジオパーク  

地獄の“熱”を体感できるスポット

雲仙温泉街の中にあるメインスポット雲仙地獄。 その地獄エリアにある「雲仙地獄茶屋」では、雲仙温泉の地熱が体感できる〈雲仙地獄足蒸し〉や蒸気でゆでた名物温泉たまごなどの販売所する〈雲仙地獄工房〉があります。 [営業時間]  年中無休  …

土石流被災家屋保存公園
36

土石流被災家屋保存公園

エリア
島原・雲仙・小浜
テーマ
歴史・文化 島原半島ジオパーク  

雲仙普賢岳噴火による土石流で被災した11棟の被災家屋を保存展示しています。

この公園では、平成4年8月8日~14日の土石流により被災した家屋を保存展示してあります。 大型テント内に3棟、屋外に8棟の合計11棟の家屋を見ることができます 土石流のすさまじさと火山砂防・治山事業など防災事業の重要性を学ぶことがで…

小浜温泉
12

小浜温泉

エリア
島原・雲仙・小浜
テーマ
温泉 足湯 島原半島ジオパーク  

雄大な雲仙を背にひかえ、紺碧の橘湾に臨む小浜温泉。

名山を間近に眺めつつ海に遊び、ゆったりと温泉でくつろぐ、快適な海浜リゾートです。 温泉としての歴史は大変古く、古代へとさかのぼります。 今も泉量は豊富で30箇所もの源泉から温度100度の湯が一日に15000トンも涌き、その薬効は神経…

千々石断層
11

千々石断層

エリア
島原・雲仙・小浜
テーマ
島原半島ジオパーク  

千々石断層

千々石断層では、明瞭な断層地形を観察することができます。総延長は約14km 、最大落差は約450mに達し、現在でも年間1.5mmの割合で沈降している活断層です。【観察場所】千々石展望台、千々石少年自然の家

雲仙温泉散策
4

雲仙温泉散策

エリア
島原・雲仙・小浜
テーマ
島原半島ジオパーク  

四季折々の自然が楽しめる

日本初の国立公園でもある雲仙は、自然が大切に守られ、野鳥や鉱山植物の宝庫でもあります。春は雲仙ツツジが山肌をピンクに染め、みずみずしい若葉が初夏の青葉に変わるとさわやかな夏の訪れです。山中が赤やオレンジ色にそまる紅葉の秋が訪れ、冬を迎え…

島原湧水群
16

島原湧水群

エリア
島原・雲仙・小浜
テーマ
島原半島ジオパーク  

島原湧水群

島原市は「水の都」と言われ、湧き水が豊富なまちです。湧水量は、1日に22万トンといわれており、豊富な湧き水は、共同洗い場などで市民の生活用水として利用されています。[観察場所]浜の川湧水、鯉の泳ぐまち

両子岩
13

両子岩

エリア
島原・雲仙・小浜
テーマ
島原半島ジオパーク  

150万年前に噴出した国崎安山岩による土石流堆積物が、波の浸食をうけ、人の頭のような形になった岩です。

約150万年前、島原半島地域には、安山岩と呼ばれる玄武岩よりやや粘り気の大きな溶岩を噴出する火山がありました。 島原半島の南西に位置する国崎半島には、この火山が噴出した厚い溶岩流や、火山活動に伴って山体の周辺に流れ下った土石流の地層が残…

平成新山ネイチャーセンター
5

平成新山ネイチャーセンター

エリア
島原・雲仙・小浜
テーマ
博物館・美術館 文化・工芸 景勝地 島原半島ジオパーク  

雲仙火山の歴史から平成新山に関する事を紹介しています。

平成噴火から20年を経て、草や木等の植生の回復の様子を身近に観察できるのが「平成新山ネイチャーセンター」。 平成新山の直下で、山頂から約2.5kmと間近であることから、天気 がよい日にはダイナミックな平成新山の溶岩ドームの風景を…

龍石海岸
11

龍石海岸

エリア
島原・雲仙・小浜
テーマ
島原半島ジオパーク  

雲仙火山のはじまり

島原半島の中央にそびえる雲仙火山は、およそ50万年前から活動を始めました。龍石海岸では、雲仙火山が最初に噴出したとされる50万年前の地層を観察することができます。

眉山の山体崩壊
8

眉山の山体崩壊

エリア
島原・雲仙・小浜
テーマ
島原半島ジオパーク  

眉山の山体崩壊

1792年の島原大変で知られる眉山崩壊の生々しい崩壊壁が観察できるほか、市街に流れ下った土砂が、無数の「流れ山」を形成し、独特の景観を作り出しています。[観察場所]仁田団地第一公園、秩父ヶ浦公園

雲仙お山の情報館
5

雲仙お山の情報館

エリア
島原・雲仙・小浜
テーマ
博物館・美術館 島原半島ジオパーク  

「火山と温泉」をテーマに雲仙が島原半島の自然や歴史を幅広く発信。

雲仙は、1934年(昭和9年)に日本で最初に指定された国立公園です。 四季折々の自然、独特な火山景観と温泉、伝えられる数多くの歴史・文化とその魅力もさまざまです。 雲仙お山の情報館は、自然情報の提供をはじめ、歴史の紹介や温泉をテーマ…

千本木展望所
4

千本木展望所

エリア
島原・雲仙・小浜
テーマ
島原半島ジオパーク  

1993年に起きた火砕流の爪あと

島原市千本木地区は、平成5年6月23日、24日の2日間にわたって断続的に発生した火砕流と、それに伴う熱風(火災サージ)によって、壊滅的な被害を受けました。現在、この地区は土石流の発生を軽減するための砂防工事が行われていますが、一部地域に…

早崎玄武岩
2

早崎玄武岩

エリア
島原・雲仙・小浜
テーマ
島原半島ジオパーク  

島原半島のはじまり

島原半島の中で最も古い岩石の一つである早崎玄武岩は、約430万年前に噴出したと推定されています。早崎半島の海岸沿いはでは、ハワイの海岸と同じ真っ黒い溶岩流を観察することができます。

閉じる 閉じる