旅のテーマ・エリア・キーワード・距離から探す 検索条件を開く
県指定有形文化財

職人尽(ほり物)

エリア
長崎 
テーマ
史跡・文化財  
  • 県指定有形文化財

松森天満宮、本殿の神霊の宿る場所の周囲に木をめぐらした瑞籬(みずかき)と呼ばれる垣の欄間に中世職人風俗を彫刻し、彩色した鏡板をはめ込んだ30枚の職人尽です。

これは正徳3年(1713)、社殿の改修が行われた際に奉納されたもので、この彫刻にみられる職人風俗の描写は、歴史民俗資料として美術品としても価値があるものにも関わらず、吹きっさらしというところが不思議な文化財。

彫刻者は、御用指物師喜兵衛・同藤右衛門であり、下絵を描いた画家は不詳でありますが、当時の長崎奉行御用絵師小原慶山ではないかと考えられています。

 

住 所 〒850-0006 長崎県長崎市上西山町152番地
電話番号 095-829-1193 ((長崎市文化財課))
ホームページ 『職人尽(ほり物)』についてのホームページはこちらへ
交通アクセス JR長崎駅から路面電車(蛍茶屋行乗車)利用8分、諏訪神社前下車徒歩5分