このページは共通メニューを読み飛ばして直接本文をご覧になることができます。直接本文をご覧になるかたは「本文へ」をクリックしてください。
本文へ


HOME教会めぐり長崎エリア > 大明寺教会

教会めぐり

大明寺教会(ダイミョウジキョウカイ)

大明寺教会

伊王島町は、伊王島と沖之島の2つからなる。いつ頃から島にキリシタンが住むようになったかは不明だが、島原の乱後、1642年から長崎警備を任された佐賀鍋島藩が2つの島に作った遠見番所の派兵や、1657年の大村の郡崩れと呼ばれるキリシタン発覚事件が、佐賀藩、大村藩などからのキリシタン移住のきっかけとも考えられている。幕末の大浦天主堂での信徒発見のとき、2島の信徒も信仰を表明し、浦上四番崩れ、伊万里県事件で捕縛され、流刑となった信徒がいた。信仰が黙認されて、1879年頃、大浦天主堂を建てた伊王島の大工・大渡伊勢吉がブレル神父の指導によって建てた木造の大明寺教会は、愛知県の明治村に移築されている。現教会は1973年築。

所在地 851-1201 長崎県長崎市伊王島町1-1060
交通アクセス
地図を見る
エリア リンク [長崎エリア]

※掲載されている画像の著作権は、長崎県観光連盟にあります。そのため本ページに掲載されている画像は、無断で転載、複製、販売、貸与などの利用をすることはできません。
※教会は信者の皆さんにとって大切な祈りの場です。
見学の際は教会でのマナーをよく守り、お互いが気持ちよく過ごせるように心がけましょう。

■ながさき巡礼についてのお問い合せ

長崎巡礼センター [住所]長崎市尾上町1-88 長崎バス観光案内所2階 [TEL]095-893-8763

ページトップへ

閉じる 閉じる