旅するあなたへ、とっておきの過ごし方を。長崎市の観光を楽しむにはこちら。[PR]

グラバー別邸跡 (ぐらばーべっていあと)

高島にもあったグラバー邸

  • 689views

スコットランド出身の貿易商人トーマス・ブレーク・グラバーが1868(慶応4)年に建てた洋式の別邸です。グラバー氏は明治初期にかつて高島本島とは離れた小島だったこの地に橋を架け高島炭鉱開発に従事し、この別邸を炭鉱経営の拠点としていました。ここから長崎の南山手の自宅との間に電話線を引いたのが、わが国初の私設電話と言われています。
現在はグラバー氏の銅像と解説板のほか三角屋根の展望所が設置されており、周囲には建物の基礎石や井戸跡などを見ることができます。かつて船をつけた船着場までは散策路を通って下りることができます。
幕末から明治にかけて日本で大きな功績を残したグラバー氏。松林に囲まれたこの静かな別邸から海を眺めながら日本の近代化について大きな夢や期待に胸をふくらませていたことでしょう。

基本情報

住所 〒851-1315 長崎県長崎市高島町1
電話番号 095-896-3110(高島地域センター)
アクセス ・高島港から徒歩約15分
・高島港ターミナルバス停から循環バス乗車、本町バス停下車徒歩約5分

【高島港まで】
長崎市大波止ターミナルから高速船(野母商船)で約35分
ウェブサイト 高島観光ナビ

SHARE

このスポットから近い観光スポット


周辺の長崎グルメセレクション認定店


当サイトでは、利便性の向上と利用状況の解析、広告配信のためにCookieを使用しています。サイトを閲覧いただく際には、Cookieの使用に同意いただく必要があります。詳細はクッキーポリシーをご確認ください。