長崎観光をおトクに楽しむアプリ「STLOCAL」。まずはダウンロード[PR]

相浦教会

黒島の定期便から見える教会

  • 824views

相浦の信徒は、1906年頃の平戸や西彼杵郡大島からの移住者に始まります。1938年に信徒の家が仮教会となり、1941年、集会所の名目で教会が建ち、相浦教会ができました。戦後は日本炭鉱が相浦で操業を始めて信徒が増え、炭坑閉山後も教会は手挟で、1960年、現教会が建立されます。黒島の定期便から教会がよく見えます。

基本情報

住所 〒858-0926 長崎県佐世保市大潟町1022
アクセス <車>JR佐世保駅から約20分。
<バス>佐世保駅前から「相浦桟橋」行に乗車、「大潟」下車後、徒歩約5分。
<お願い>
教会は信者の皆さんにとって大切な祈りの場です。 見学の際は教会でのマナーをよく守り、 お互いが気持ちよく過ごせるように心がけましょう。
>教会見学時マナーのご案内はこちら

SHARE

このスポットから近い観光スポット


周辺の長崎グルメセレクション認定店


当サイトでは、利便性の向上と利用状況の解析、広告配信のためにCookieを使用しています。サイトを閲覧いただく際には、Cookieの使用に同意いただく必要があります。詳細はクッキーポリシーをご確認ください。