西海橋 (サイカイバシ)

日本三大急潮のうず潮は迫力満点です。

  • 3204views

西海橋は1955年に佐世保市と西彼杵半島をつなぐ橋として急流の針尾瀬戸にかけられた全長316m、海面からの高さ43mのアーチ式の橋で建築当時は、この型式の橋としては世界第3位、東洋一の大きな橋でした。

この西海橋の圧巻はなんといっても日本三大急潮のひとつに数えられる針尾瀬戸の急流とうず潮です。
広大な大村湾の海水が干潮の際、一度にこの狭い針尾瀬戸(幅わずか200mほど)を通過する様は壮観で、特に春と秋の大潮での潮流は見事で毎年「うず潮まつり」が催されます。

春の「うず潮まつり」では西海橋周辺に約1,000本の桜が咲き誇り、うず潮と桜の両方を楽しめます。

基本情報

住所 長崎県佐世保市-西海市間
電話番号 0956-58-2004(西海橋公園管理事務所)
アクセス 車/JR佐世保駅から、佐世保大塔IC経由で、約25分
バス/JR佐世保駅前から、西肥バス「西海橋コラソンホテル」行で約50分、西海橋東口下車、徒歩約10分、または「西海橋西口」行で約50分、終点下車、徒歩すぐ
ウェブサイト 関連サイトはこちら

SHARE

このスポットから近い観光スポット


周辺の長崎グルメセレクション認定店


このスポットに行くモデルコース


We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.